更新:2018.2.9 作成:2018.1.22

敏感肌とは?正しいスキンケアとメイク方法で肌質改善し美肌を目指そう!

敏感肌になってしまうと、「体質だから仕方がない」と諦めてしまう人がたくさんいます。しかし、正しいスキンケアをしていますか?メイク方法は?いつの間にか敏感肌になってしまったという人は原因があるはずです。その原因さえ分かれば、対策方法も見つかるはず。敏感肌を改善して、健康的な肌を取り戻しませんか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
❤︎ お気に入り
目次
  1. 敏感肌とは
  2. 敏感肌の原因
  3. 敏感肌の特徴
  4. 敏感肌は体の内側と外側からのケアが必要
  5. 敏感肌の改善方法
  6. 敏感肌にならないためには
  7. 敏感肌のスキンケアポイント
  8. 敏感肌のメイクポイント
  9. おわりに

敏感肌とは

外的刺激に弱い敏感肌

敏感肌と言われても、自分は関係ないと思っている人も多いはず。実は、最近敏感肌になっている人が増えています。

そもそも、敏感肌とはどういった肌のことを指すかと言うと、化粧品や衣類などから刺激を受け、ピリピリしたり、かゆみが出たり、赤みが出る肌のことを言います。

肌に何らかの変化を感じている人の中には、敏感肌になっているにも関わらず、それに気づかずに肌刺激を加え続けてしまうことで、更に肌状態が悪化してしまう人もいます。状態が悪化すれば、それだけ改善するにも時間がかかることになりますから、早い段階で気づき、早めに対策を練ることが大切となるでしょう。

 

敏感肌の原因

間違ったスキンケアでの肌刺激

敏感肌の人の多くは、「以前は、こんなに肌が弱くなかった」と感じているのではないでしょうか。肌質というのは、環境や生活習慣、年齢によっても変化しますから、日頃から自分の肌状態に気を付けることが必要です。

では、どうして敏感肌になってしまうのかというと、原因は様々。間違ったスキンケアを続けていることで、肌刺激、肌負担となり、敏感肌を引き起こしてしまうこともあれば、生活習慣の乱れや食べ物が原因となっていることもあります。

中には、自分では気づかぬうちにアレルギーを引き起こし、敏感肌となっている人もいるため、肌の変化を感じたら、注意が必要です。

 

敏感肌の特徴

肌のかゆみや赤み

敏感肌の特徴は、肌にかゆみやかぶれ、赤みなどが上げられます。外的刺激に弱い場合には、敏感肌の可能性が高いです。

また、普段は、何の変化がなくても、新しい化粧品などを用いることで、ピリピリする場合には、その化粧品が肌に合っていない証拠。無理をして使い続けることで、敏感肌になってしまう可能性があるため、注意が必要です。

敏感肌は体の内側と外側からのケアが必要

敏感肌を改善しようとすると、外側からのケアに気が取れられる人が多いでしょう。しかし、敏感肌を改善していくためには、体の内側と外側からのケアが大切です。

まず、内側のケアとして、たんぱく質の摂取が必要。私たちの皮膚は、たんぱく質でつくられているため、良質なたんぱく質を取り入れることが必要です。特に、動物性のたんぱく質は肌つくりに欠かせないですから、積極的に取り入れる様にしましょう。もちろん、たんぱく質だけではなく、バランス良い食事が基本。ビタミンAや亜鉛などは、肌のターンオーバーを促す効果があるため、意識的に摂取しましょう。

外側からのケアは、何よりも肌刺激を避けることが大切です。普段使っている化粧品、スキンケア方法をもう一度見直す必要があるでしょう。

敏感肌の改善方法

敏感肌を改善するためには、何よりも正しいスキンケアを行うこと。クレンジング、洗顔を行い、しっかりと汚れを落とした上で保湿ケアをすることが必須です。そして、ケアの際には肌に負担がない化粧水、美容液で保湿をすること。どんなに人気のアイテムでも、高価なアイテムでも、肌につけてピリピリしたり、かゆみが出る様なものは、使い続けないことが大切です。自分の肌に合ったアイテムで、スキンケアを行うようにしましょう。

また、生活習慣の乱れを直し、バランスの良い食生活を心がけることで、肌の状態だけでなく、体の状態も変わってくるはずです。

敏感肌にならないためには

敏感肌にならないためには、普段から正しいスキンケアを行うことが欠かせません。敏感肌の人の中には、乾燥肌から敏感肌へと移行した人も多いため、何よりも保湿ケアが重要。しっかりと保湿を行うことで、肌トラブルも防ぐことができるでしょう。

また、肌のターンオーバーも整えることが必要。ピーリングなどを定期的に行い、古い角質などが貯まらないように注意しましょう。

敏感肌のスキンケアポイント

敏感肌を改善するためには、スキンケアの方法を見直すことも必要。間違ったスキンケアを続けて行けば、より肌の状態は悪くなってしまいます。

しかし、スキンケアの方法は誰かに習うものではありませんから、知らず知らずのうちに間違ったスキンケアを取り入れている人も少なくありません。

では、敏感肌のスキンケアポイントをご紹介しましょう。

敏感肌のクレンジング

敏感肌のクレンジングは、肌負担の少ないクリームタイプのクレンジング剤がおすすめ。オイルタイプなどと比べると、洗浄力は弱いですが、肌刺激を与えずに汚れを落とすことができます。

ウォータープルーフのマスカラや落ちにくい口紅を使っている人は、部分的にオイルタイプのアイテムを取り入れるか専用のクレンジング剤を取り入れましょう。

メイク汚れが浮き出たら、ぬるま湯でしっかりと洗い流すことが大切。くれぐれも、クレンジング剤や汚れが残らないように注意が必要です。

敏感肌の洗顔

敏感肌の洗顔は、クレンジング同様肌に刺激を与えないこと。クレンジング後の洗顔は、石鹸をしっかりと泡立て、Tゾーンを洗ってからUゾーンに進み、最後に目元や小鼻を優しく洗いましょう。汚れが落とせたら、ぬるま湯でしっかりと洗い流し、清潔なタオルでふき取ることも大切です。

時には、ノーメイクの日もあると思いますが、ノーメイクの日はクレンジングを行う必要がありませんから、ぬるま湯で軽く洗い流す程度で良いでしょう。

敏感肌の化粧水でのケア

敏感肌の人の中には、化粧水をつける際、コットンに化粧水をたっぷりとつけ、パッティングを行っている人も多いのではないでしょうか。こういったケアは、敏感肌の人にとっては大きな肌刺激となってしまいます。

敏感肌の人は、できるだけ手で化粧水をつけることがおすすめです。清潔な手に化粧水をとり、手のひらで少し化粧水を温めてから、顔を覆うように化粧水を全体につけていきましょう。この時、手のひらで化粧水を押し込むようなイメージでケアすることがポイント。こすったり、叩いて肌に入れ込もうとすると、逆に肌刺激を与えてしまうことになりますので注意しましょう。

敏感肌の保湿対策

敏感肌の人は、乾燥から敏感肌になっている人も多いため、保湿ケアが欠かせません。保湿ケアというと、クリームさえ塗っていれば良いと思っている人もいますが、敏感肌の人はより保湿効果の高いアイテムを取り入れることがおすすめ。

セラミドなどが配合された美容液を用いることで、肌の水分キープ力を高めることができ、肌の潤いを保持しやすくなるでしょう。

 

敏感肌のメイクポイント

敏感肌の人の中には、「メイクがしたくても、ピリピリしてしまって思うようなメイクができない」と感じている人も多いのではないでしょうか。無理をして、メイクをしてしまえば、より肌状態を悪化させてしまう恐れがあるため、注意が必要です。

敏感肌の人がメイクをする際には、何よりも肌のことを考えたメイクを心がける必要があります。

 

敏感肌のファンデーション

ファンデーションと一言で言っても、様々な素材のものがあります。今では、敏感肌の人でも安心して使用することができる、自然派のファンデーションもあるため、まずはファンデーションを見直してみましょう。

ファンデーションを選ぶ際、どうしてもカバー力重視で選んでしまいがちですが、敏感肌の人は肌のことを第一に考える必要がありますから、選ぶポイントが変わります。敏感肌の人は、肌に優しいファンデーション重視で選びましょう。

 

敏感肌のベースメイク

ファンデーションをより綺麗に見せ、持ちを良くするためには、ベースメイク作りが大切です。

敏感肌の人は、クレンジングがいらない脂分がすくない化粧下地を選ぶことがおすすめ。今では、低刺激のBBクリームなどもありますから、こういったアイテムを上手に活用すると良いでしょう。

万が一、メイクで肌に違和感を感じたら

敏感肌をより悪化させないためには、早めの対処が必要です。そのため、はじめて使う化粧品などに何らかの違和感を感じた場合には、すぐに使用を止めることが必要。

せっかく購入したアイテムとなると、使わないのは勿体ないという気持ちが芽生えてしまいますが、肌のことを考えれば使い続けるのは危険です。

場合によっては、今まで使って平気だったものが突然肌に合わなくなることもあります。そう言った場合にも、一旦使用を止め、様子を見る必要があるでしょう。

 

日焼け止めも利用する

敏感肌の人は、外的刺激に弱い肌。そのため、紫外線対策も行う必要があります。しかし、一般の日焼け止めクリームなどは肌負担が大きいため、注意が必要です。日焼け止めを購入する際には、成分などをチェックした上で、肌刺激の少ないものを選びましょう。

また、厚塗りをするのではなく、こまめに塗ることが大切です。

 

専門医にも相談する

敏感肌の人の中には、正しいケアをしているにも関わらず、肌の状態が改善されない、悪化している人もいるでしょう。そんな人の中には、「病気ではないから」と病院に行く人は少ないもの。確かに、ちょっとしたかゆみや違和感であれば、病院に行く必要はないと感じるでしょう。

しかし、間違った自己判断をしてしまうと、後々取り返しがつかない状態になってしまうこともあります。長い間、肌状態が悪い場合には、一度専門医に相談してみましょう。相談することで、簡単に解決する可能性もあります。

 

おわりに

敏感肌になってしまうと、新しい化粧品を気軽に使うこともできなくなりますし、何をするにも気を使ってしまうでしょう。

そんな敏感肌を改善するためには、正しいスキンケアが必要です。まずは、今お使いの化粧品の見直し、スキンケアの見直しからはじめましょう。食生活、生活習慣も同時に見直すことで、何らかの原因に気づくかもしれません。

この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事

おすすめ

編集部のおすすめ

特集

乾燥対策やプチプラなど人気のハンドクリームおすすめ記事をまとめました!

カバー力のあるファンデーションなど人気の記事を要チェック!