更新:2018.2.3 作成:2018.1.11

肌に負担をかけないケアで改善!敏感肌におすすめの洗顔料10選

敏感肌の人は、ケアに苦労している人が多いはず。アイテム選びにも、苦労している人が多いでしょう。洗顔はスキンケアの基本であり、どれだけ肌に負担をかけない洗顔を行うかが大切です。自分の敏感肌のタイプや原因、肌の状態にあった洗顔料を使って、敏感肌対策をはじめましょう。洗顔料選びポイントやおすすめの洗顔料もご紹介いたします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
❤︎ お気に入り
目次
  1. 敏感肌のタイプ
  2. 敏感肌の洗顔料選びのポイント
  3. 敏感肌におすすめの洗顔料
  4. おわりに

敏感肌のタイプ

敏感肌というと、原因は全て同じと思っている人も多いでしょう。確かに、肌の状態が同じであれば、原因も同じと感じるもの。

しかし、敏感肌になる原因は、人によって異なります。乾燥肌を改善するためには、自分はどういった原因で敏感肌を引き起こしているのか探ることが必要ということ。

では、敏感肌の様々なタイプをご紹介しましょう。

乾燥による敏感肌

敏感肌の人の中には、「以前は、こんな肌質ではなかった」と言う人もいるでしょう。気が付いた時には、敏感肌の状態になっていると、「どうして、敏感肌になってしまったのだろう」と不思議に思う人も多いのではないでしょうか。

そんな人の多くは、乾燥肌が悪化したことでバリア機能が低下し、敏感肌になっている可能性が高いでしょう。肌は、ひどい乾燥状態が続いてしまうと、正常な機能が働くなり、敏感肌になってしまうことがあります。

ということは、日頃から保湿ケアを心がけていれば、敏感肌になることを防ぐことができるということです。

アレルギーによる敏感肌

敏感肌の人の中には、生まれつきの体質が原因となっている人もいます。アトピー性皮膚炎などは、体質から来るものですから、自己判断でケアをするのではなく、皮膚科医などに相談しながらケアしていくことが大切。

アレルギー体質という自覚がある人は、一度皮膚科で相談することがおすすめです。

間違ったスキンケアによる敏感肌

敏感肌になってしまった人の中には、間違ったスキンケアが原因となっている人もいます。肌に負担を与える様なケアを続けている人や、肌に合わない化粧品などを使い続けている人も敏感肌になってしまう可能性があります。

以前まで敏感肌ではなかったという人は、一度自分のスキンケアを見直したり、化粧品などが肌に合っているのか改めて見直す必要があるでしょう。

敏感肌の洗顔料選びのポイント

敏感肌の人は、洗顔料選びから慎重になる必要があります。万が一、洗顔時から肌に負担をかけてしまえば、肌の状態は悪化してしまいます。

では、敏感肌の人はどういった洗顔料を選んだら良いのか、ご紹介しましょう。

肌負担のないものを選ぶ

敏感肌の人は、既に肌刺激に弱い状態となっていますから、できるだけ刺激を与えないようなケアをすることが必要。

そのため、洗顔料を選ぶ際にも肌負担の少ないものを選ぶことが基本です。購入時には、成分などをチェックし、できるだけナチュラル成分で作られているものを選びましょう。

しっとりタイプを選ぶ

洗顔料には、それぞれタイプ別に販売されています。中には、洗顔後さっぱりとした洗い心地が好きな人もいると思いますが、敏感肌の人はしっとりタイプを選ぶことがおすすめ。

保湿成分などが含まれた洗顔料を選ぶことで、肌のバリア機能をサポートしてくれ、肌を守ってくれるでしょう。

すすぎはしっかりと!

敏感肌の人は、様々な刺激により状態が悪くなってしまうことがあります。洗顔も、同様。

せっかく汚れを落とす洗顔ができても、すすぎがしっかりと行えていなければ、肌に残っている洗顔料により、肌に刺激を与え、状態を悪化させてしまいます。

洗顔後は、洗顔料をしっかりと洗い流すことを意識しましょう。

敏感肌におすすめの洗顔料

肌に刺激の少ない洗顔料、負担の洗顔料と言われても、どういった洗顔料を選んだら良いのか分からない人も多いはず。どんなに成分をチェックしても、どの成分が肌に悪いのか判断出来ない人も多いでしょう。

では、敏感肌の人が安心して使用することができる洗顔料をご紹介します。

 

ミノン/フェイスウォッシュ

ミノンのフェイスウォッシュは、アレルギーの原因となる物質を極力カットしている、肌に優しい洗顔料。低刺激で、肌と同じ弱酸性となっているため、肌を優しくケアすることができます。潤いは守ってくれますから、洗顔後のつっぱりも気になりません。

カウブランド/無添加うるおい洗顔

カウブランドの無添加うるおい洗顔は、植物性の石けんで作られており、肌に刺激が少ない洗顔を行うことができます。厳選素材となっており、クッション泡で洗顔することができ、肌への負担を抑えることができるでしょう。

 

ミヨシ石鹸/無添加泡の洗顔せっけん

たっぷりの泡洗顔できるミヨシ石鹸の無添加泡の洗顔せっけん。必要な油分は残しながらも、汚れはしっかりと落とすことができます。低刺激設計ですから、洗顔中のピリピリなどの心配もないでしょう。

ロゼット/無添加米ぬか洗顔フォーム

ロゼットの無添加米ぬか洗顔フォームは、100%植物性のパームヤシで作られています。米ぬか配合の洗顔フォームとなっており、潤いは残しながらも、古い角質などはしっかりと洗い流してくれます。洗顔後は、すべすべ肌に導いてくれるでしょう。

無印良品/泡洗顔フォーム敏感肌用

ホイップ状の洗顔料となる、無印良品の泡洗顔フォーム敏感肌用。低刺激設計となっており、天然のうるおい成分が含まれていることで、汚れを落としながらも、潤いある肌へと導いてくれます。

dプログラム/コンディショニングウォッシュ

肌を健康的な状態へと導いてくれる、dプログラムのコンディショニングウォッシュ。肌をいたわりながらも、汚れはしっかりと落としてくれます。不要な皮脂汚れは落とすことができるため、気になる肌のざらつきや毛穴などもケアしてくれるでしょう。

ラ ロッシュ ポゼ/トレリアンフォーミングクレンザー

ラ ロッシュ ポゼのトレリアンフォーミングクレンザーは、敏感肌用のクリームタイプの洗顔料。肌への刺激が少なく、メイク汚れもしっかりと落としてくれます。様々な洗顔料を使ってもしっくりこなかったという人にも、おすすめの洗顔料です。

松山油脂/肌をうるおす保湿洗顔フォーム

植物性の石けんベースとなっている、松山油脂の肌をうるおす保湿洗顔フォームは、大豆由来成分が配合されています。きめの細かい泡で洗顔することで、毛穴に詰まっている汚れも落とすことができ、肌をしっとりとした状態へと導いてくれるでしょう。

 

キュレル/泡洗顔料

キュレルの泡洗顔料は、洗顔によって落ちてしまうセラミドを守ってくれ、潤いをキープしながら洗顔を行うことができます。洗顔後は、しっとりとした洗い心地を実感することができるでしょう。

arau./せっけん洗顔フォーム

汚れは落としながらも、必要な皮脂を残し、潤いを保ってくれるarau.のせっけん洗顔フォーム。シソ&ローズマリー天然エキスが配合されていることで、肌をいたわりながらケアしてくれます。

おわりに

敏感肌の人は、スキンケアに使っている人が多いでしょう。洗顔料を選ぶ際にも、気を使っている人が多いのではないでしょうか。

敏感肌を改善していくためには、何よりも肌に負担をかけないケアを行うこと。洗顔は、汚れを落とすことが必要ですが、必要な皮脂まで落としてしまっては、乾燥を引き起こし、敏感肌の状態を悪化させてしまう可能性があります。

敏感肌の人は、おすすめの洗顔料を取り入れて、肌に優しいケアをはじめてみませんか。

この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事

おすすめ

編集部のおすすめ

特集

乾燥対策やプチプラなど人気のハンドクリームおすすめ記事をまとめました!

カバー力のあるファンデーションなど人気の記事を要チェック!