べたつく脂性肌(オイリー肌)におすすめの人気化粧水10選

脂性肌(オイリー肌)の人は、メイク崩れに悩みを抱えている人が多いのではないでしょうか。テカリを気にして、何度もメイク直しをしている人もいるでしょう。そんな人は、化粧水を変えてみませんか。油性肌に合った化粧水でケアをすることで、肌の状態が変わってくるかもしれません。今回は脂性肌の基本やスキンケア方法注意点、おすすめの化粧水までご紹介いたします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

更新:2018.1.14 作成:2017.12.19

目次
  1. 脂性肌とは?
  2. 脂性肌の原因
  3. 注意したい、脂性肌のインナードライ
  4. 脂性肌の特徴
  5. 脂性肌のスキンケア方法
  6. 脂性肌におすすめの化粧水10選
  7. おわりに

脂性肌とは?

肌質は、人それぞれ違うもの。乾燥に悩んでいる人もいれば、脂っぽさが気になっている人も少なくありません。

脂性肌とは、そもそもどういった肌質のことをいうかというと、過剰な皮脂分泌により、肌がべたべたした状態のこと。毛穴が広がっていると感じている人、ニキビができやすい人などは、脂性肌の可能性が高いでしょう。

 

脂性肌の原因

食事やストレス、睡眠不足に注意

脂性肌に悩んでいる人の中には、「前は、こんなにべたついた肌ではなかった」と言う人もいます。そして、「どうして、こんな脂性肌になってしまったのだろう」と悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

脂性肌になる原因は、様々考えられます。例えば、食事。ジャンクフードばかり食べていたり、スナック菓子ばかり食べていると、必要以上に脂質を摂ってしまうことになり、脂性肌の原因となってしまいます。

また、ストレスや睡眠不足により、ホルモンバランスが崩れてしまうことで、肌の状態が変わってしまうこともあるでしょう。合わない化粧品を使い続けたり、間違ったスキンケアも、脂性肌の引き金となります。

その他、乾燥による肌ダメージや喫煙、肝臓の不調による影響、遺伝などが考えられます。

脂性肌を改善したいと思うのであれば、自分に当てはまる原因を探る必要があります。

注意したい、脂性肌のインナードライ

脂性肌の人の中には、「肌がべたつくのが嫌」という理由から、何度も洗顔をする人やクリームなどでの保湿ケアを行わない人がいます。

実は、こういったケアをしていると、外側は脂っぽいにも関わらず、肌の中はカラカラの状態となってしまいます。いわゆる、インナードライの状態となり、この状態が慢性化してしまうと、くすみやシワといった肌トラブルを引き起こしてしまう可能性があります。

これを防ぐためには、必要以上に皮脂を落としすぎないこと。そして、脂性肌でも保湿ケアはしっかりと行うことが必要です。

脂性肌の特徴

ニキビができやすかったら注意

肌がべたつくと感じながらも、自分が脂性肌なのか判断できない人もいるでしょう。肌の状態は、環境によっても変化しますから、自分の肌質が判断出来ない人も少なくありません。

脂性肌を判断するためには、脂性肌の特徴を知ることが大切。実は、脂性肌の人はニキビができやすい傾向にあります。ニキビが治っても、また新たなニキビができてしまうという人は、脂性肌の可能性が高いと言えるでしょう。

 

脂性肌のスキンケア方法

皮脂の落とし過ぎに注意

脂性肌の人は、スキンケア方法に戸惑う人も少なくありません。べたべたするのが気になり、何度も洗顔してしまう人もいるでしょう。

脂性肌のスキンケアは、必要以上に皮脂を落としすぎないことがポイント。何度も洗顔をしたり、ゴシゴシとこするような洗顔はNGです。また、洗浄力の強すぎるものはさけ、ぬるま湯で優しく流すようにしましょう。

洗顔後は、化粧水だけのケアで終わらすのではなく、しっかりと保湿ケアをすることが必要。脂分の少ないアイテムを使って、しっかりと保湿をするように心がけましょう。

 

脂性肌におすすめの化粧水10選

脂性肌の人は、スキンケアアイテムを選ぶ際、「べたつかないものを選びたい」「さっぱりしたものを選びたい」と思っている人が多いでしょう。

普段から、テカリなどが気になっている人は、さっぱりとした感触のものを好んでしまいがちではありますが、しっかりと保湿できるものを選ぶことも忘れてはいけません。

では、脂性肌の人におすすめの化粧水をご紹介しましょう。

 

明色化粧品/美顔水

明色化粧品の美顔水は、何と明治18年に発売されている、超ロングセラーアイテム。脂浮きを抑えてくれるため、脂性肌の人にとっては嬉しい効果を得ることができます。毛穴に詰まった皮脂も取り除いてくれ、毛穴引き締め効果も得られる嬉しいアイテムです。

 

ドクターシーラボ/VC100エッセンスローション

美容液のような濃厚な化粧水、ドクターシーラボのVC100エッセンスローション。ビタミンC誘導体を配合していることで、弾力とハリのある肌へと導いてくれます。速効性と持続性を持ち合わせている、魅力的な化粧水です。

ナチュリエ/ハトムギ化粧水

天然植物成分となるハトムギエキス配合のナチュリエのハトムギ化粧水は、しっとりとしながらも、べたつきがない付け心地。顔だけではなく、全身にも使えるため、お風呂上りには全身ケアができる魅力的な化粧水です。

NOV/ACアクティブフェイスローション

NOVのACアクティブフェイスローションは、肌のべたつきやテカリを抑えてくれる、脂性肌の人にとっては嬉しい化粧水。有効成分により、ニキビや肌荒れなども予防してくれますから、ニキビに悩んでいる人にもおすすめです。

 

キュレル/皮脂トラブルケア化粧水

ノンオイリー処方のキュレルの皮脂トラブルケア化粧水。セラミド配合で、しっかりと肌に潤いを与えながらも、過剰な皮脂分泌のべたつきを抑えてくれます。べたつきが苦手な人にとっても、使い心地良い化粧水です。

オルビス/薬用クリアローションLさっぱりタイプ

オルビスの薬用クリアローションは、角層までしっかりと成分を届けてくれる化粧水。気になる肌荒れやニキビを予防し、健康的な肌へと導いてくれます。ニキビ予防をしたいと考えている人にもおすすめです。

コーセー/薬用雪肌精

コーセーの薬用雪肌精は、和漢植物エキスがふんだんに配合されており、透明感ある白肌へと導いてくれます。さっぱりとした感触となっており、べたつきが気になる人も使い心地良い化粧水といえるでしょう。

ヤクルト/イキテルローション

乳酸菌由来の保湿成分が配合された、ヤクルトのイキテルローションは、角質層までしっかりと潤いを与えてくれる化粧水。アルコールフリーとなっており、肌刺激を抑えながら、肌の奥までしっかりとケアすることができます。

ナリスアップコスメティックス/スキンコンディショナーローションVC

ビタミンC誘導体が配合された、ナリスアップコスメティックスのスキンコンディショナーローションVC。肌にピタッと密着し、肌の奥まで成分を届け、みずみずしい肌へと導いてくれるでしょう。

明色オーガニックローズ/スキンコンディショナー

明色オーガニックローズのスキンコンディショナーは、洗顔後の肌を弱酸性の健康な状態に戻してくれるローション。プレ化粧水として用いることで、化粧水の浸透力を高めてくれます。

おわりに

脂性肌の人は、ついついさっぱりとした付け心地のアイテム、ケアを選んでしまいがち。しかし、肌の奥まで潤いを与えなければ、インナードライの状態になってしまいます。そのため、脂性肌の人も保湿ケアが欠かせません。

脂性肌に悩んでいる人は、これらの化粧水を取り入れて、肌の状態を改善していきませんか。脂性肌の状態が改善されれば、自然とニキビなどの肌トラブルも減ってくるはずです。

この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事