人気のCCクリームの使い方は?プチプラありのおすすめ10選!

メイクをする時、肌の乾燥が気になる人、カバー力が気になる人、それぞれ悩みを抱えているでしょう。実は、CCクリームは両方の悩みを抱えてくれる頼もしい存在。なのにプチプラもあります。では使い方は知っていますか?BBクリームとの違いは?CCクリームがあれば、しっかりとカバーしながらも、肌の乾燥を守ってくれます。効果や選び方、使い方をご紹介いたします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

更新:2017.12.27 作成:2017.11.27

目次
  1. CCクリームの特徴
  2. BBクリームとの違い
  3. CCクリームが向いている人とは?
  4. CCクリームの効果
  5. CCクリームの使い方
  6. CCクリームの選び方
  7. おすすめのCCクリーム10選
  8. おわりに

CCクリームの特徴

CCクリームというと、BBクリームを思い浮かべる人もいるでしょう。どちらも、同じアイテムと思っている人も多いのではないでしょうか。

実は、CCクリームは、BBクリームと比べると、軽めのテクスチャーなのが特徴。どうしてかというと、CCクリームはメイクすることを基本と考えて作られているアイテムのため、下地の効果やコントロールカラーといった効果を考えて作っているため。

メイクが崩れやすい、肌の血色が悪いと感じている人は、CCクリームを使うことで、その悩みが解決できるかもしれません。

BBクリームとの違い

BBクリームとCCクリームは、どちらも同じ用途と思っている人が多いでしょう。しかし、実際にはそれぞれ特徴があり、効果も異なります。

BBクリームは、肌をケアしながら、メイクができるアイテム。どちらかというと、肌のケアを基本として作られたものとなっているため、保湿力が高く、肌を保護する役割が高いと言えます。

それに対し、CCクリームはメイクすることを基本として作られているため、肌の色補正を行うことができます。素肌を整えながら、メイクを行うことができますから、ベースメイクに取り入れることで、より肌を綺麗に見せてくれるでしょう。

CCクリームが向いている人とは?

CCクリームの購入を考えている人の中には、BBクリームと迷っている人もいるでしょう。

CCクリームは、どういった人に向いているかというと、ナチュラルメイクをしたいと考えている人におすすめです。なぜかというと、CCクリームは素肌のようなナチュラル感を出すことができるため。CCクリームには、BBクリームにない色補正効果がありますから、肌の色合いを整え、自然な肌を演出してくれるでしょう。

 

CCクリームの効果

CCクリームは、どういった効果があるかというと、下地や肌のコントロールカラーの効果があります。

そのため、メイク前のベースとしての役割をしてくれるということ。もちろん、メーカーによっては効果や役割は若干異なりますが、一般的なCCクリームは下地とコントロールカラーの効果が含まれていますから、ナチュラルメイクの土台をしっかりと作ることができるでしょう。

CCクリームの使い方

CCクリームを使う際、使うタイミングが分からない人も多いはず。確かに、様々な役割を果たしてくれるとなると、使う順番に迷う人もいるでしょう。

まず、CCクリームを使うタイミングは、洗顔し、スキンケアを行い、日焼け止めなどでケアした後に用います。CCクリームでメイク下地を作ることで、ファンデーションのノリ、持ちを良くすることができるでしょう。中には、液体タイプのファンデーションを使っている人もいると思いますが、そういった人はプラスフェイスパウダーを用いることで、よりメイク持ちを良くすることができます。

CCクリームを付ける際は、大きなパール1粒程度を手の甲に出し、そこからおでこ、両頬、あご下、鼻に乗せ、少しずつムラのないように伸ばしていきます。あご、生え際は、自然に見えるように細かくの伸ばし、ぼかすことがポイント。鼻筋は、ヨレを防ぐために丁寧に広げていくことがポイントです。最後は、手に残っているクリームを、優しく瞼などに付ければ出来上がりです。

CCクリームの選び方

CCクリームは、メイクの下地の役割が強いため、まずは自分の肌色に合ったものを選ぶことが大切です。自然に馴染むカラーを選ぶようにしましょう。

そして、メーカー毎に異なる役割を確認することも大切。カラー補正などをしてくれるものを選ぶことで、下地作りが変わってくるはずです。

おすすめのCCクリーム10選

CCクリームを今までのメイクにプラスすることで、メイクの仕上がりや持ちが変わってきます。

今まで、メイク崩れが激しいと感じている人やメイクをしても顔色のカバーができないと感じていた人は、CCクリームを使うことで、理想的なメイクができるかもしれません。

では、多くの人に選ばれている魅力的なCCクリームをご紹介しましょう。

エクスボーテ/CCクリーム

スキンケア効果のあるエクスボーテのCCクリームは、日焼け止め効果もある嬉しいアイテム。3層光学ミネラルパウダーにより、透明感ある肌へと導いてくれます。気になる毛穴もカバーしてくれますから、理想的な肌を作りだすことができるでしょう。

スキンフラット/CCジェル

スキンフラッとのCCジェルは、これ1本で美容液と下地、ファンデーション、パウダー、日焼け止めの効果を得ることができます。サラサラな仕上がりになり、毛穴もしっかりとカバー。日中の紫外線もカバーしてくれますから、手軽に紫外線対策ができるのも魅力です。

リンメル/CCクリームエアリーフィニッシュ

高保湿のCCクリームとなる、リンメルのCCクリームエアリーフィニッシュは、10種類の植物エキスが含まれています。肌を潤いながら、しっかりとカバーしてくれる上、SPF50となっており、同時に紫外線対策ができるのも嬉しいアイテムです。

LANOA/ミネラルCCクリーム

LANOAのミネラルCCクリームは、UVAまでカット出来るすぐれもの。肌に負担をかけないノンケミカル処方となっているため、肌が弱い人も安心して使用することができます。長時間、透明感ある肌をキープしてくれますから、メイク直しの手間も省けるでしょう。

メイベリン/ピュアミネラルCCブライトアップ

メイベリンのCCクリームは、肌に乗せた瞬間に色ムラ補正カプセルがはじける設計。肌に乗せることで、肌を明るく見せ、透明感ある理想的な肌へと導いてくれるでしょう。

ケイト/スノースキンCCベース

ケイトのスノースキンCCベースは、肌の気になるくすみや黄み、血色の悪さなどをしっかりとカバーしてくれる頼もしいアイテム。更に、毛穴や色ムラ、赤みなどもカバーしてくれますから、健康的な肌を演出してくれます。美容成分、潤い成分が配合されており、肌の乾燥も防いでくれます。

ヌーディクチュール/ミネラルCCクリーム

ヌーディクチュールのミネラルCCクリームは、なんと78%もの美容液が含まれたアイテム。しっかりと肌に潤いを与えてくれるため、メイク持ちも抜群。皮脂や汗にも強いため、メイクも長時間キープしてくれます。



 

米肌/澄肌CCクリーム

1本でクリーム、日焼け止め、下地、ファンデーション、フェイスパウダーの5つの役割を果たしてくれる米肌の澄肌CCクリームは、紫外線対策の抜群。毛穴もカバーしてくれ、澄んだ肌を一日中キープしてくれます。

LANAREY/PRISM CC CREAM

1本で8つの役割を果たしてくれる、LANAREYのCCクリームは、SPF50という魅力的なアイテム。少量でもしっかりと伸び、厚塗り感が出ません。メイクをしながら、スキンケアとエイジングケアできる、魅力的なCCクリームといえるでしょう。

SK-Ⅱ/アトモスフィアCCクリーム

使った直後から、肌に潤いを与え、キメを整えてくれるSK-ⅡのCCクリームは、使い続けることで、肌ケアをしてくれます。元々の血色感を生かし、肌にツヤを与えてくれ、ナチュラルな仕上がりに導いてくれるでしょう。

おわりに

CCクリームは、ナチュラルメイクを目指している人にとってはもってこいのアイテム。今まで、化粧下地を使っている人も、CCクリームに変えることで、メイクの仕上がり感や付け心地が変わってくるはず。

自分の肌色に合ったカラーを選ぶことで、より自然な仕上がりを目指すことができます。CCクリームの中には、保湿効果の高いもの、カバー力の高いものなどがありますから、自分の目的に合ったものを選ぶことで、メイクの悩みが解消されるのではないでしょうか。

 

 

この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事