チークで可愛さUP!人気のおすすめチーク10選

メイクをする時、ポイントでチークを使っている人も多いはず。しかし、中にはうまく使いこなせず、チークのメリットを生かせていない人もいます。チークは、上手に使えば可愛さをUPしてくれるアイテム。また、どんなカラーを選ぶかによって、印象を変えることができますよ。種類やカラー選びのポイント、使い方までご紹介いたします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

更新:2017.12.27 作成:2017.11.27

目次
  1. チークの種類
  2. チークの役割
  3. チークの入れ方
  4. チークの失敗しない色選び
  5. おすすめチーク10選
  6. おわりに

チークの種類

チークには、意外にも種類があるのはご存知でしょうか。大きく分けると、3種類あり、それぞれ特徴があります。

定番のタイプは、パウダータイプ。プレスされたパウダーとなっており、メイク直しの際にも使いやすく、チーク初心者にとっても使いやすいいタイプです。パウダータイプのため、どうしても汗などで落ちにくいため、メイク直しがあまりできない環境の人は、他タイプがおすすめ。

クリームタイプのチークは、色持ちが良いという特徴があります。密着度も高いため、落ちにくいという魅力もあります。また、クリームタイプは乾燥しやすい人にとっても使いやすいでしょう。

リキッドタイプは、マニキュアのような形状になっており、液状のタイプ。みずみずしい仕上がりが特徴となっており、自然な仕上がりになりますが、チーク初心者にとっては慣れるまで時間がかかるかもしれません。

チークの役割

メイクをする際、チークを使わない人もいます。チークをすると、子供っぽく見えてしまったり、派手に見えてしまうこともありますから、あえてチークを使わない人もいるでしょう。

そもそも、チークにはどういった役割があるかというと、顔にメリハリをだし、立体感を出してくれる役割があります。特に日本人は、顔が平坦な印象ですから、チークを使うことで立体感を作りだすことができるでしょう。

また、チークを入れることで、血色を良く見せ、健康的な印象を作りだしてくれます。

チークの入れ方

チークを付ける際には、指もしくはスポンジやブラシでつけることが基本。パウダータイプはブラシ、クリームタイプは指、リキッドタイプはセットになっている筆などを使うことになります。

チークを付ける場所は、頬骨に沿ってつけることがポイント。頬骨の一番高い場所を中心につけていくことで、自然な仕上がりになります。

シャープな印象に仕上げたい場合には、目尻に向かってすっと斜め上に入れると良いでしょう。可愛らしい印象に仕上げたい時には、頬骨の一番高い場所にポンポンと乗せるだけでOK。

ただし、チークは付け過ぎると、古くさいメイクに見えてしまいますから、ぼかすことがポイントです。

 

チークの失敗しない色選び

チークは、どんなカラーを選ぶかによっても印象が変わります。例えば、可愛らしい印象に仕上げたいのであれば、ピンク系がおすすめ。大人っぽい印象に仕上げたいのであれば、ベージュ系。健康的で元気なイメージに仕上げたい場合には、オレンジ系がおすすめです。

カラーは、どんな仕上げにしたいかで選ぶこともできますが、自分の肌色似合うカラーを選ぶことも忘れてはいけません。肌に乗せて、自然に見えるカラーを選びましょう。

同じピンク系であっても、様々な色合いがありますから、ピンク系の中から自分の肌色に合ったピンクを選ぶことも大切です。

おすすめチーク10選

チークと一言で言っても、数多くの種類があります。ドラッグストアに行くと、数多くのチークが並んでいるため、迷われる人も多いのではないでしょうか。

チークには、それぞれ特徴がありますから、それぞれの特徴を知った上で、自分に合ったものを選ぶことが大切。

では、人気のチークをご紹介しましょう。

ヴィセ/リシェ・リップ&チーククリーム

ヴィセのリシェ・リップ&チーククリームは、名前通り一つでチークとリップの二つの役割を果たしてくれる嬉しいアイテム。肌馴染みが良く、メイクもちが良いため、多くの人に選ばれています。クリームタイプですから、乾燥が気になる人にとっても使いやすいチークと言えるでしょう。

レブロン/クリームブラッシュ

レブロンのクリームブラッシュは、クリームタイプのチークとなっており、つけたカラーがなんと8時間もキープするという優れもの。メイク直しができない環境の人にとっては、嬉しいチーク。薄付きで、サラサラな使い心地も人気の秘密です。

リンメル/クリームチーク

リンメルのクリームチークは、自然な仕上がりになるクリームタイプのチーク。クリームタイプ初心者でも、簡単にぼかしや重ね付けができます。発色も良く、自然な仕上がりになるのも魅力のチークです。

キャンメイク/リップ&チークジェル

キャンメイクのリップ&チークジェルは、リップにもチークにも使えるマルチアイテム。リップとチークとして使うことで、バランスの良いメイクを簡単にすることができます。血色良い印象にしてくれますから、健康的な肌へと仕上げてくれるでしょう。

エテュセ/キャットチークカラー

エテュセのキャットチークカラーは、パウダータイプのチーク。猫がデザインとなっており、猫好きにはたまらないアイテム。パールが含まれているため、肌をふんわりとした印象に仕上げてくれます。また、血色カラーにより、肌に明るさもプラスしてくれます。

メイベリン/ジェリーグロウチーク

メイベリンのチークは、クリームとパウダーの軽さが一つになっている、新感覚のジェリーチーク。肌に乗せた瞬間から、肌になじみ、自然な印象に仕上げてくれます。ツヤ感もプラスされていますから、立体感あるメイクを叶えることができるでしょう。

セザンヌ/ナチュラルチーク

セザンヌのチークは、パウダータイプ。ノンアルコール、無香料、界面活性剤不使用、無鉱物油という、肌に優しいチークです。パウダーのメリットである、ふわっとした発色が特徴。発色が良く、血色よく仕上げてくれます。

KATE/プレストチークカラー

KATEのプレスとチークカラーは、パウダータイプのチーク。パウダータイプというと、色持ちが気になる人が多いと思いますが、こちらは長時間落ちにくい高発色プレスとチークとなっており、長時間キープが叶います。血色の好い肌に仕上げてくれ、健康的な肌を演出してくれるでしょう。

マジョリカマジョリカ/クリーム・デチーク

マジョリカマジョリカのクリーム・デチークは、ジェルタイプのチーク。マニキュアのような形態となっており、筆で付けていきます。潤いながら、しっかりと血色ある肌へと導いてくれるでしょう。色持ちも良いので、メイク直しの手間が省けます。

スウィーツスウィーツ/シルキーシフォンチーク

スウィーツスウィーツのシルキーシフォンチークは、パウダータイプのチーク。柔らかいシフォンパウダーにより、しっかりと肌に馴染みながら、発色をキープ。微粒子のパールが入っているため、ツヤ感も出してくれます。また、美容成分も含まれているため、メイク時もスキンケア効果を得られる嬉しいチークです。

おわりに

チークは、メイクに欠かせないアイテムの一つ。チークをつけると、子供っぽい印象になるというイメージを持っている人も多いですが、上手に使えば大人っぽさを演出することもできます。

選ぶカラー、チークの乗せ方によっては、イメージをガラっと変えることもできますから、チークでもっとメイクを楽しんでみませんか。その日の気分でカラーを変えるのも楽しいですし、外出先によってチークタイプを変えるのも楽しいもの。

まだ、上手にチークを使いこなせていない人は、この機会にチークを上手に取り入れてみませんか。

この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事