ちゃんと使いこなせてる?おすすめのフェイスパウダー10選

メイク方法は、改めて誰かに教わることはないでしょう。そのため、意外と間違った使い方をしている人も少なくありません。フェイスパウダーを正しく使えていますか?フェイスパウダーを上手に使えると、メイクの仕上げも変わってきますよ!パウダーファンデーションとの違いや種類、おすすめのフェイスパウダーまでご紹介!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

更新:2017.12.28 作成:2017.11.27

目次
  1. フェイスパウダーとは?
  2. フェイスパウダーの種類
  3. パウダーファンデーションとの違い
  4. フェイスパウダーの選び方
  5. フェイスパウダーの使い方
  6. おすすめのフェイスパウダー10選
  7. おわりに

フェイスパウダーとは?

フェイスパウダーという存在は知っていても、正しい使い方を知らない人も意外と多いはず。

そもそも、フェイスパウダーにはどういった役割があるかというと、メイク崩れを防いだり、メイク直しをする際に用いることで、ナチュラルに仕上げることができます。

しかし、フェイスパウダーの種類や特徴によっては、あなたの目的を叶えられなかったり、肌に合わないこともあります。

本来のフェイスパウダーの効果を得るためには、それぞれの特徴を知り、自分の肌に合ったものを選ぶことが必要です。

フェイスパウダーの種類

フェイスパウダーというと、一つのタイプしかないと思っている人も多いでしょう。実は、フェイスパウダーには、2つの種類が存在します。

粉タイプ

一つは、粉タイプのフェイスパウダー。粉タイプは、サラサラの粉上になっているのが特徴で、ベースメイクの仕上げに用いるのが理想的。肌に透明感を出したい、紫外線対策をしたい、油分を抑えたいと考えている人には向いているタイプのフェイスパウダーです。

プレスタイプ

もう一つは、プレスタイプのフェイスパウダー。こちらは、固形状になったフェイスパウダーで、持ち歩きに便利なタイプ。メイク直しに使いたいと考えている人、マットな仕上がりが好みの人には、おすすめのタイプのフェイスパウダーです。

パウダーファンデーションとの違い

フェイスパウダーを使っていない人の中には、パウダーファンデーションがあれば十分と思っている人もいるでしょう。

しかし、パウダーファンデーションとフェイスパウダーは役割が異なります。パウダーファンデーションは、メイクのベース作りに使用するアイテムに対し、フェイスパウダーは仕上げやメイク直しに使用するアイテム。

役割を知ると、フェイスパウダーの必要性を理解できるのではないでしょうか。

フェイスパウダーの選び方

フェイスパウダーを選ぶ際には、まずは自分の肌質を知ることが必要。自分の肌に合っていないものを選んでしまうと、せっかくの効果も得ることができません。

例えば、乾燥肌の人は肌に負担の少ない、パウダータイプのフェイスパウダーがおすすめ。脂性肌の人は、プレスタイプのフェイスパウダーがおすすめです。混合肌の人は、パウダータイプとプレスタイプの使い分けがおすすめ。部分的に使い分けることで、肌の状態を落ち着かせることができるでしょう。敏感肌の人は、成分をチェックし、肌刺激の少ないものを選ぶことが基本です。

フェイスパウダーの使い方

フェイスパウダーを使うタイミングは、2つあります。

それは、ファンデーションなどでメイクの仕上げとして用いる方法とメイク直しとして用いる方法。

メイクの仕上げとして用いる際には、最後にパウダータイプのフェイスパウダーで仕上げることで、サラサラな仕上がりになり、透明感を出すことができます。フェイスパウダーを付けた後は、余計なパウダーをフェイスブラシで落としましょう。

メイク直しの際に用いる際には、余計な油分を落としてから用いることがおすすめ。ファンデーションでメイク直しをすると、厚塗りになりがちですが、フェイスパウダーであればナチュラルな仕上がりになるでしょう。

おすすめのフェイスパウダー10選

フェイスパウダーを選ぶ際、どのフェイスパウダーを使ったら良いのか迷われる人も多いはず。各メーカーから、こだわりのフェイスパウダーが販売されていますから、目移りしてしまう人も多いでしょう。

では、多くの人に選ばれている、おすすめのフェイスパウダーをご紹介します。

チャコットフォープロフェッショナルズ/フィニッシュパウダー

プロダンサーなどが使用するメーカー、チャコットのフェイスパウダーはファンデーションをしっかりと安定させてくれます。透明感を与えてくれ、キメのを整え、美肌へと導いてくれるでしょう。

シャネル/プードゥルユニヴェルセルソーブル

根強い人気のシャネルのルースパウダーは、透明感ある肌に仕上げてくれます。気になるそばかすやシワ、シミなどもしっかりとカバーしてくれ、理想的なムラのない肌へと導いてくれます。

クリニーク/イーブンベターブライトニングルーズパウダーC

透明感ある肌へと導いてくれる、クリニークのルースパウダーは、ビタミンC誘導体が配合されており、使うたびに美肌効果を得ることができます。トラブルを抑えてくれる成分も含まれているため、メイクをするたびに美肌に近づけてくれます。

エテュセ/プレミアムCCルースパウダー

エテュセのプレミアムCCルースパウダーは、血色ある肌へと変えてくれます。肌色補正もしてくれるため、透明感ある肌を目指すことができます。のびも良いため、肌にすっとなじみ、キメの細かい肌に仕上がります。

 

ゲラン/メリオリットドーユ

ゲランのルースパウダーは、光の源を捉え、肌にツヤを与えてくれます。柔らかいテクスチャーのパウダーにより、肌の上で光を放つように明るさをプラス。ふわっと溶ける様なテクスチャーも、魅力的なパウダーファンデーションです。

 

ヴァントルテ/ミネラルシルクパウダーファンデーション

ヴァントルテのミネラルシルクパウダーファンデーションは、天然ミネラル成分100%という肌に優しいアイテム。肌刺激の負担がなく、キメの細かい肌へと仕上げてくれます。肌が弱い人も、安心して使用できるフェイスパウダーです。

 

カバーマーク/シルキールースパウダー

カバーマークのシルキールースパウダーは、粉雪の様なきめ細かさ。そのため、肌にのせるだけで、毛穴やキメをカバーしてくれます。また、SPF28となっており、日常生活の紫外線もカットしてくれます。

コスメデコルテ/AQ MWフェイスパウダー

コスメデコルテのフェイスパウダーは、オーガニックのシルクパウダー。更に、美容成分でコーティングしていることで、肌をなめらかに仕上げてくれます。乾燥しにくい肌へと導いてくれるため、乾燥肌の人におすすめのフェイスパウダーです。

舞子はん/舞子はんおしろい

長時間、つけたての肌をキープしてくれる舞子はんの舞子はんおしろいは、ベースメイクの仕上げとして用いることで、メイク持ちを良くしてくれます。毛穴もカバーし、透明感ある肌へと導いてくれるでしょう。

 

NARS/ライトリフレクティングセッティングパウダールース

独自のライトリフレ区ティングコンプレックスTMを配合している、NARSのパウダールース。肌に透明感を与えてくれるだけでなく、気になる毛穴や小じわもしっかりとカバーしてくれます。テカリも抑えてくれますから、脂性肌の人にもおすすめのフェイスパウダーです。

 

おわりに

厚塗りになるのが嫌という理由で、フェイスパウダーを使わない人も多いですが、フェイスパウダーはよりナチュラルに見せてくれる便利なアイテム。メイク直しの際、フェイスパウダーを使えば、厚塗りになることなく、ナチュラルメイクをキープすることができます。

フェイスパウダーを使うことで、メイク崩れがしにくくなったり、ツヤ感を出してくれる、毛穴をカバーしてくれるという嬉しい効果もありますから、まだ使っていない人は、自分にぴったりのフェイスパウダーを見つけてみませんか。

 

この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事