理想的なくびれを実現!くびれをつくるおすすめヨガポーズ5選

キュッと締まった女性らしいくびれを実現♡おすすめヨガポーズをご紹介いたします。効果的にするにはヨガにとって大切な呼吸法・腹式呼吸にしっかり目を向けることです。くびれを作るためには継続して行うことが大切ですが必ずできてきます。ヨガで心身共に健康になりましょう。姿勢も良くなりますよ!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

更新:2017.12.23 作成:2017.11.21

目次
  1. 女性らしいくびれを実現♡
  2. まずは呼吸法から
  3. ヨガを楽しみながら「くびれ」を作るおすすめポーズ5選
  4. 毎日続けることが大切♡

女性らしいくびれを実現♡

魅力的な女性に欠かせないのが「くびれ」です。お腹周りのくびれを作るだけで体重を落とすよりも効果的に綺麗な女性の印象になり、すらっとした体型に一歩近づけますよ。ヨガでのくびれ作りは体の負荷も少なく、ストレッチのような感覚でくびれを作ることができます。リラックスしながらヨガのポーズでくびれを作っていきましょう。

まずは呼吸法から

呼吸に目を向けて!

ウエスト引き締めのために重要な呼吸方法は「腹式呼吸」です。腹式呼吸は息を吸うときにお腹を膨らませ、息を吐くときにお腹を凹ませる呼吸法です。まずはこの呼吸法を練習して、ポーズを取るときに腹式呼吸で呼吸をできるようにしましょう。

ヨガを楽しみながら「くびれ」を作るおすすめポーズ5選

三角のポーズ ウッティタ・パールシュヴァコナーサナ

体がフラフラしやすいので、初めは自分の伸ばせる範囲で伸ばし、ポーズを安定させていきましょう。右と左、両方をバランス良く行なうことでウエストの伸びを気持ち良く感じることができます。バランスが取れてきたら手を遠くへ伸ばす感覚でポーズを深めていきましょう。

ねじりのポーズ アルダ・マツィエンドゥラ・アーサナ

このポーズのポイントはお尻が浮かないようにするところです。ポーズをしていくと、自然にお尻が浮いてしまいます。2つの坐骨をしっかりと床に沈め、徐々にポーズを深めていきましょう。お尻が不安定な時は座布団や毛布を敷いて試してみましょう。

ワニのポーズ ジャタラ・パリワルタナ・アーサナ

ストレッチ要素が強いポーズなので、リラックスしながら気持ち良く伸ばしていきましょう。また、ねじりによってウエストの内臓脂肪が刺激され、ほっそりとしたウエストへ一歩近づきます。このポーズは寝て行うのでバランスは必要ないため、ポーズのキープを長くとれると思います。しっかりと時間をかけて内臓脂肪を燃やしていきましょう。

船のポーズ ナバーサナ

このポーズは腹部の強化、お腹の前側の引き締効果があります。このポーズはバランスと全身を使っていくのでキープが難しいですが、しっかりと呼吸をしながらポーズを作ります。慣れてきたら足の先と手の先が前に引っ張られるように強く伸ばしていきましょう。

★チャレンジポーズ★捻り三角のポーズ パリヴルッタ・トゥリコーナ・アーサナ

このポーズはちょっと難易度が高いので挑戦しながらポーズを取っていきましょう。顔を上に向けるのが難しい場合はまず、顔を下に向けて呼吸していきましょう。上半身は床と平行になるように意識しながら、腕は床と垂直にポーズをとります。慣れてきたら腕を後ろ側の床に倒すように意識すると伸びが深まっていきます。

毎日続けることが大切♡

くびれを作るためには継続して行うことが大切です。無理なポーズを続けると疲れてしまって、やる気も起きなくなってしまいます。自分のペースに合わせて気持ちの良いところで止めて呼吸を流していきましょう。
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

週間人気記事

ランキング

おすすめ

編集部のおすすめ

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事