更新:2017.11.29 作成:2017.11.29

ホワイトニング効果のあるおすすめ歯磨き粉10選

みなさんは、自分の笑顔に自信がありますか。歯が黄ばんでいる、黒ずんでいると気にしている人は、思い切り笑顔を作ることができなくなっているのではないでしょうか。そんな人には、ホワイトニング効果のある歯磨き粉がおすすめ。歯磨き粉を変えて、理想的な白い歯を目指してみませんか。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
❤︎ お気に入り
目次
  1. ホワイトニング効果のある歯磨き粉とは?
  2. ホワイトニング用歯磨き粉の効果
  3. ホワイトニング用歯磨き粉の使い方
  4. ホワイトニング用歯磨き粉の注意点
  5. おすすめのホワイトニング用歯磨き粉
  6. おわりに

ホワイトニング効果のある歯磨き粉とは?

笑顔に自信が持てない人の中には、歯の色が気になっている人もいるでしょう。コーヒーやワインを飲むことが多い人は、歯にステインが付着しているでしょうし、タバコを吸う人はニコチンがつき、黒くなっている人もいます。黄ばみがおこったり、何らかの原因で変色してしまっている人もいるでしょう。

これらをケアしようとすると、「歯医者に行かなくては」と思う人が多いと思いますが、実は歯磨き粉を変えることで、これらの悩みを解消することができます。いつも使っている歯磨き粉を、ホワイトニング効果のある歯磨き粉に変えることで、歯が綺麗になれば嬉しいですよね。

効果を得るためには、自分のタイプにあった歯磨き粉を選ぶこと、そして使い続けることが必要です。毎日の歯磨きで、理想的な白い歯を目指してみませんか。

ホワイトニング用歯磨き粉の効果

ホワイトニング用の歯磨き粉と一言で言っても、様々なタイプがあります。効果を得るためには、自分に合ったタイプを選ぶことが重要。

どういった歯磨き粉があるかというと、ステインなどを落としてくれるタイプ、黄ばみを解消してくれるタイプ、ヤニを落としてくれるタイプ、変色を解消してくれるタイプがあります。

ステインタイプの歯磨き粉は、ステインを分解し、白い歯へと導いてくれます。毎日使うことで、ステイン予防を行うこともできるでしょう。黄ばみタイプは、たんぱく質を分解し、白い歯へと導いてくれ、ヤニタイプは研磨剤を用いて汚れを落とし、白い歯を目指すことができます。変色タイプは、変色原因によっても異なるため、一度歯医者などで相談した方が無難かもしれません。

ホワイトニング用歯磨き粉の使い方

ホワイトニング用の歯磨き粉を用いると、これだけで白い歯になれると思っている人も多いでしょう。

効果を得るためには、正しい使い方をすることが基本。まず、歯ブラシは普通からやわらかめの歯ブラシを用いるようにしましょう。

そして、使う歯磨き粉の量は少量で充分。たくさん使ったからと言って、効果が高まるわけではありませんから、適量でのケアを心がけましょう。

歯磨きをする際、歯ブラシを濡らしてから使う人がいますが、これでは有効成分が効果を発揮しにくくなるため、乾いた歯ブラシで磨くことがおすすめです。

ホワイトニング用歯磨き粉の注意点

ホワイトニングを使用と思うと、ついつい磨く際に力が入ってしまう人が多いでしょう。ゴシゴシとこすった方が、汚れが落ちる様な気がするのは分かりますが、これでは歯の表面を傷つけてしまい、逆に汚れ安い状態を作ってしまいます。歯磨きをする際には、優しく磨くことを心がけましょう。

また、ホワイトニング用歯磨き粉で歯を磨いた後は、1時間程度飲食を控えることがおすすめ。磨いた後1時間以内は、着色しやすい状態。そのため、せっかくホワイトニング用の歯磨き粉を使ってケアした効果を得られなくなってしまいます。万が一、飲食をした場合には、すぐにゆすぐ、ブラッシングをするなどして、汚れが付かないように気を付けましょう。

 

おすすめのホワイトニング用歯磨き粉

ホワイトニング用の歯磨き粉に興味を持っている人の中には、「効果のある歯磨き粉はどれだろう?」と迷っている人もいるでしょう。今まで、使ったことのないタイプの歯磨き粉ですから、選ぶ際に苦労する人も多いはず。

では、おすすめのホワイトニング用歯磨き粉をご紹介しましょう。

アンビシャス/プレミアムブラントゥース

プレミアムブラントゥースは、海外でも話題となっているホワイトニング。黄ばみタイプの歯磨き粉となっており、ブラッシングすることで白い歯を目指すことができます。研磨剤が入っていないため、安心して使用することができるでしょう。

デンティッセ/トゥースペースト

アメリカ生まれのデンティッセは、世界最高峰とも言われているホワイトニング用歯磨き粉。天然粘土により、ツヤと輝きのある歯へと導いてくれます。保存料や合成着色料などが含まれていないため、安心して使用できる歯磨き粉といえるでしょう。

ビースマイル/トゥースホワイトニング

ビースマイルの歯磨き粉は、ホワイトニング効果だけでなはく、虫歯予防、口臭予防、歯肉炎や歯周病予防もできる嬉しい歯磨き粉。歯の黄ばみや汚れをしっかりと落とし、ピカピカの歯へと導いてくれるでしょう。

 

アパガード/アパガードプレミオ

日本ではおなじみのアパガードのシリーズ。世界発のナノテクオーラルケア商品となっている、アパガードプレミオ。エナメル質を修復するナノ粒子が含まれていることで、歯にツヤを与え、輝きを与えてくれます。

オーラツー/ステインクリアプレミアムペースト

サンスターから販売されているオーラツーのシリーズ。ステインクリアプレミアムペーストは、ワンランク上のステインケアができる歯磨き粉となっており、気になるステインを落とすことが期待できます。

プラチアス/creamy up ペースト

ライオンの美白ケアブランドとなる歯磨き粉。歯の凸凹についてしまった蓄積くすみなども、しっかりと浮かせて落とすことができます。小さな傷などは、再結晶化してくれ、健康的な歯へと導いてくれるでしょう。

コハルト/ははのは

製薬会社との共同開発によって作られた歯磨き粉は、研磨剤や発泡剤、漂白剤、着色料などが含まれておらず、無添加の歯磨き粉。気になる黄ばみを、解消してくれます。表面をコーティングしてくれ、黄ばみ予防も行うことができるでしょう。

シュミテクト/やさしくホワイトニング

知覚過敏用の歯磨き粉として有名なシュミテクトから販売されているのは、やさしくホワイトニング。知覚過敏による歯のしみなどを防ぎつつ、ステインなどを落としてくれます。はじめてホワイトニング用歯磨き粉を使う人にとっては、取り入れやすい歯磨き粉といえるのではないでしょうか。

オーラパール/オーラパール

薬用のハイドロキシアパタイトと塩化リゾチームがナノ粒子化された歯磨き粉。ホワイトニング効果だけでなく、虫歯予防、口臭予防の効果も期待できます。9種類の薬用成分が配合は、ホワイトニング歯磨き粉の中でもトップクラスですから、効果が期待できるでしょう。

デント/ブリリアントモア

ライオンのもう一つのホワイトニング用歯磨き粉。イオンの力で、歯の表面に付着してしまっている汚れを浮き上がらせてくれます。ブラッシングすることで、理想的な白い歯へと導いてくれるでしょう。

おわりに

歯というのは、意外と人からも見られているもの。良い印象を与えるためには、やはり白くて綺麗な歯が理想的。

ホワイトニング用歯磨き粉であれば、自分で気軽にホワイトニングを行うことができます。普段の歯磨きで、白い歯を手に入れることができれば、誰でも簡単にホワイトニングをはじめることができるでしょう。
笑顔に自信を失っている人も、ホワイトニング用歯磨き粉で自信を取り戻しませんか。

この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事

おすすめ

編集部のおすすめ

特集

乾燥対策やプチプラなど人気のハンドクリームおすすめ記事をまとめました!

カバー力のあるおすすめのファンデーション関連の人気記事をまとめています!