更新:2017.11.28 作成:2017.11.28

髪に潤いを!手軽に使えるおすすめヘアミルク10選

ヘアケアの際、どんなアイテムを使っていますか。シャンプー後のトリートメントだけで、ケアは十分と感じている人もいるでしょう。髪は意外と外部刺激に弱いもの。髪が乾いている時、スタイリングの際にもケアが必要です。そんな時には、ヘアミルクがおすすめですよ。ヘアオイルトリートメントなどとの違いもあります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
❤︎ お気に入り
目次
  1. ヘアミルクとは?
  2. どんな人に向いている?
  3. ヘアミルクの使い方
  4. おすすめのヘアミルク10選
  5. おわりに

ヘアミルクとは?

ヘアケアアイテムには、様々な種類があるため、どのアイテムをどんな時に使ったら良いのか分からない人もいるでしょう。種類が豊富というのは、とても嬉しいことではありますが、何を使ったら良いのか迷ってしまうもの。

そもそも、ヘアミルクはどういったアイテムかというと、水やクエン酸、エタノールや乳頭などが含まれており、水性タイプのヘアケアアイテムとなっています。

どんな特徴があるかというと、ヘアオイルトリートメントなどとは異なり、使い心地がさらっとしており、髪がべたつくことがありません。髪を柔らかくしたいと思っている人やパーマやカラーによるダメージが気になっている人にとっては、理想的なアイテムといえるでしょう。

どんな人に向いている?

ヘアミルクは、さらっとした付け心地となっているため、髪をしなやかにしたいと考えている人におすすめ。ヘアミルクを用いることで、髪に潤いを与えて、理想的なサラサラ髪へと導いてくれるでしょう。

また、髪にボリュームを出したいと思っている人にとっても、ヘアミルクは理想的なアイテム。ヘアミルクを馴染ませても、髪がぺたっとしてしまうことがありませんから心配がありませんから、ボリュームも気にせずに使用することができるでしょう。

ヘアミルクの使い方

ヘアミルクを使う際には、手のひらにとり、髪全体に馴染ませていくことがポイント。部分的に用いるのではなく、髪全体につけるようにしましょう。

使うタイミングとしては、ドライヤーを用いる際の前後。ドライヤー前に用いれば、ドライヤーの熱から守ってくれる効果がありますし、ドライヤー後に用いることで、髪の乾燥などを防いでくれるでしょう。

おすすめのヘアミルク10選

ヘアミルクを使ってみたいと思っている人の中には、どのヘアミルクを購入したら良いのか迷ってしまう人も多いでしょう。各メーカーから、様々なタイムのヘアミルクが販売されていますから、迷ってしまうのも頷けます。

では、多くの人に選ばれているおすすめのヘアミルクをご紹介しましょう。

ボタニスト/ボタニカルヘアミルク

ドライヤーの前やヘアセット時に用いることで、髪のパサつきを抑えることができます。髪の乾燥が気になっている人にはおすすめのアイテム。パーマをかけている方や巻き髪ヘアの人にとっては、艶出しとして用いることもできるでしょう。香りもナチュラルですから、強い香りが苦手な人も使いやすいヘアミルクです。

アリミノ/ピースモイストミルク

ヘアケアアイテムというと、べたつきが気になる人も多いと思いますが、こちらのヘアミルクはべたつかないのに、髪をしっとりさせることができます。ダメージケア、スタイリング効果の両方を兼ね備えていますから、朝のスタイリングにはもってこいのアイテムといえるでしょう。

モンシャルーテ/アルガニナオーガニックヘアミルク

アルガニナオーガニックヘアミルクは、オーガニックのアルガンオイルを使用しており、さらっとした仕上がり。オイルというと、べたつく心配がありますが、アルガニナオーガニックヘアミルクは軽めのテクスチャーとなっており、伸びも良いため、使いやすいヘアミルクといえるでしょう。

オブ・コスメティックス/ヘアミルクオブヘア5.5

髪のダメージを補修しながら、髪をしなやかに導いてくれるヘアミルクオブヘア5.5は、植物成分が配合されたヘアミルク。使うことで、指通りの良い髪へと変えてくれます。木蓮のナチュラルな香りは、使うたびに気分を上げてくれるでしょう。

パンテーン/洗い流さないトリートメントインシンティブヴィルタミルク

ダメージが気になる人には、パンテーンのヘアミルクがおすすめ。濃厚プロビタミン処方となっているため、傷んでしまっている髪までしっかりとケアすることができます。髪のきしみなどが気になっている人も、健康的な髪へと導いてくれるでしょう。

 

ミルボン/ディセールエルジューダエマルジョン

ケラチンCMADKにより、髪のダメージをケアしながら、柔らかい髪に導いてくれるミルボンのヘアミルク。べたつくことなく、髪にふんわり勘を与えてくれます。髪にボリュームを出したいと思っている人にもおすすめです。

モエモエ/モエモエリペアエイド

モエモエのヘアミルクは、流さないトリートメントとして使用することがおすすめ。シャンプー後、タオルドライをしてから用いることで、髪をまとまりよく仕上げてくれます。髪のぱさつきやごわつきなども改善してくれるでしょう。南国テイストの香りも、人気となっています。

椿オイル/ヘアミルク

椿オイルが配合されているヘアミルクは、乾燥やダメージによるパサつきを落ち着かせてくれます。また、髪を紫外線から守ってくれる効果もあるため、日中は髪を紫外線から守ってくれるでしょう。乾燥した髪にも使うことができますから、様々な用途で用いることができます。

リーゼ/毛先まですーっとまとまるミルク

髪がまとまらないと嘆いている人には、リーゼのヘアミルクがおすすめ。毛先を中心に付けることで、まとまりのある髪へと導いてくれます。軽めのテクスチャーとなっているため、髪がペタンとする心配もありません。朝のスタイリング剤を探している人には、おすすめのアイテムです。

凛恋/レメディアルヘアミルク

レメディアルヘアミルクは、ノンシリコンタイプのヘアミルク。テクスチャーが軽く、髪にするすると馴染んでくれます。ヘアケアアイテムとして用いることはもちろんですが、スタイリングとしても用いることができるため、忙しい朝には頼もしいアイテムとなるでしょう。

おわりに

日頃から、パーマやカラーをしている人は、髪のパサつきやまとまりの悪さを感じている人もいるでしょう。こういった状態になってしまうと、朝のスタイリングにも時間がかかるもの。

そんな時には、これらのヘアミルクを用いて、時短のケア、スタイリングを目指しませんか。一つで、ヘアケア効果とスタイリング効果を得ることができれば、手間をかけずに理想通りのヘアスタイルを作ることができるでしょう。

この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事

おすすめ

編集部のおすすめ

特集

乾燥対策やプチプラなど人気のハンドクリームおすすめ記事をまとめました!

カバー力のあるファンデーションなど人気の記事を要チェック!