更新:2018.1.18 作成:2017.10.30

美肌のために!意外と知らないコラーゲンの効果と基礎知識

美容に興味がある人は、コラーゲンが含まれているものを意識的に摂取している人が多いでしょう。しかし、そんな人の中にはコラーゲンの効果を知らないまま、「肌に良いから」と言う理由だけで摂取している人が少なくありません。では、意外と知らないコラーゲンの効果についてご紹介いたします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
❤︎ お気に入り
目次
  1. そもそもコラーゲンとは?
  2. コラーゲンが含まれる食材
  3. コラーゲンの役割と効果
  4. コラーゲンの意外な健康効果
  5. コラーゲンの取り入れ方
  6. コラーゲンと一緒に取り入れたいもの
  7. コラーゲン摂取の注意点
  8. おわりに

そもそもコラーゲンとは?

コラーゲンは肌に良いということが分かっていても、コラーゲンがどんなものなのか知らない人も多いのではないでしょうか。

コラーゲンは、私たちの体の細胞の外側にあるもの。たんぱく質の一つで、細胞同士をくっつけてくれるという役割を担っています。意外にも、私たちの身体の中にあるたんぱく質の3割も占めている、大切な存在。

そして、このコラーゲンは皮膚の細胞を増やすための大切な物質となっており、美肌を目指すためには欠かせない存在と言えます。

コラーゲンが含まれる食材

コラーゲンというと、化粧品などを思い浮かべる人も多いと思いますが、外側からだけではなく、内側からコラーゲンを取り得ることも大切。

コラーゲンを内側に取り入れるとなると、サプリメントを取らなければと思う人も多いですが、食事からも摂取することができます。

コラーゲンはどんな食材に含まれているかと言うと、ふかひれやすっぽん、鶏の皮や牛筋といった食材に多く含まれています。また、小魚や骨のせんべいといった骨から食べられるものにも、コラーゲンが多く含まれています。

コラーゲンの役割と効果

コラーゲンは、私たちの身体にどんな役割を果たしているかと言うと、弾力性やしなやかさなどをサポートしています。特に、皮膚に約40%ものラーゲンが存在しており、コラーゲンが存在することで、肌の潤いをキープしたり、弾力を生み出しています。

その他、内臓や血管などにもコラーゲンが存在しており、骨や軟骨などで活躍してくれています。

 

コラーゲンの意外な健康効果

年齢とともに、私たちの身体には様々な変化が訪れます。高齢者に多く見られる、関節の痛みなどは、年齢とともに骨などがすり減ってしまったため。実は、こういった関節痛にもコラーゲンは大きな効果を与えてくれます。コラーゲンを取り入れることで、関節痛が改善出来ると言われています。

また、コラーゲンを摂取することで血管の若返り、動脈硬化の予防や改善効果もあるとも言われています。

そう考えると、コラーゲンは美容効果だけでなく、健康への効果も期待できるということではないでしょうか。

コラーゲンの取り入れ方

コラーゲンを積極的に取り入れ様と思っている人の中には、摂取方法が分からない人もいるでしょう。

コラーゲンを摂取するためには、様々な方法がありますから、自分にとって取り入れやすい方法を選ぶこともポイント。体の外側からだけでなく、内側からも取り入れて、心身ともに健康を目指しましょう。

食事から取る

コラーゲンを摂取するには、体の内側から摂取することも必要。そのためには、普段の食事でコラーゲンを意識したメニューを選ぶと良いでしょう。

コラーゲンは、食事を作り、冷めた時にゼラチン状の煮こごりができるものを選ぶことがおすすめ。例えば、牛すじや手羽先、モツ、ふかひれなどは、冷めると煮こごりが出来ます。このプルプルとした煮こごりが、コラーゲンそのものですから、これらを積極的に取り入れると良いでしょう。

また、意外にも鮭やマイイワシ、ぶり、さんまの開き、いか、えびなどにもコラーゲンが含まれていますから、普段の食事から無理をせずに摂取することができます。

サプリメントで補う

料理が苦手な人、外食が多い人は、なかなか食事からコラーゲンを摂れない人も多いでしょう。

そんな人は、サプリメントからコラーゲンを補うことができます。今では、様々なメーカーからコラーゲンが配合されたサプリメントが販売されていますから、価格や配合量などをチェックして選ぶと良いでしょう。

 

化粧品などから取り入れる

美肌のために、コラーゲンを摂取したいと考えている人はコラーゲン配合の化粧品を選ぶことがおすすめ。

今では、コラーゲン配合の化粧品がたくさんありますから、自分にとって使いやすいもの、購入しやすいものを選ぶと良いでしょう。もちろん、自分の肌に合ったものを選ぶことが基本ですから、まずはサンプルなどから試し、自分にぴったりの化粧品をみつけることが大切です。

コラーゲンと一緒に取り入れたいもの

健康のため、美容のために、コラーゲンを取り入れている人もいるでしょう。せっかく取り入れるのであれば、その効果をより高めたいもの。

そんな時は、ビタミンCやトリプトファン、エラスチンを一緒に取り入れることがおすすめ。ビタミンCは、一緒に取り入れることで、コラーゲンを安定してくれますし、トリプトファンは必須アミノ酸の一つとなっており、一緒に摂取することで効率よくコラーゲン生成を行うことができます。エラスチンは、肌を引き締めてくれる効果があり、コラーゲンと一緒に取り入れることで、より弾力ある美肌を目指すことができるでしょう。

コラーゲン摂取の注意点

美肌のため、健康のためにコラーゲンを摂取していても、逆効果のある行為を行ってしまえば、意味がありません。そのため、コラーゲン摂取をする際には、注意しなければいけないことがあります。

実は、甘いものを摂取すると、せっかく取り入れたコラーゲンを糖化してしまう可能性があります。コラーゲンが糖化してしまうと、固くなり、弾力が失われてしまい、美肌へ影響が出てしまいます。

しかし、女性にとって甘いものというのはストレス発散でもあり、一日の楽しみにしている人も多いでしょう。そのため、スイーツを我慢するのは難しいもの。そんな時には、糖化を防ぐために、甘いものと一緒に食物繊維を摂取することがおすすめ。食物繊維を取り入れることで、コラーゲンと糖が結合する作用を抑えることができます。

 

おわりに

女性にとって、美肌は憧れ。いつまでも、若々しく美肌を保つためには、コラーゲンの存在が欠かせません。

体の内側、外側からコラーゲンを取り入れることで、いくつになっても潤いある肌をキープすることができるでしょう。これを叶えるためには、やはり日頃の努力が必要。甘いものが好きな人は、摂取時に注意しながら、コラーゲンを取り入れることが必要です。

この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事

おすすめ

編集部のおすすめ

特集

乾燥対策やプチプラなど人気のハンドクリームおすすめ記事をまとめました!

カバー力のあるファンデーションなど人気の記事を要チェック!