更新:2017.11.10 作成:2017.11.10

白湯でダイエット!白湯ダイエットの正しい方法と効果

ダイエット経験者の中には、ダイエットが辛くて続かなかったという人も多いはず。ダイエットに成功するためには、自分に合うダイエット方法を見つけることが大切。どんなに効果がある方法も、辛いと感じれば続けることはできません。では、気軽に続けやすい白湯ダイエットについてご紹介しましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
❤︎ お気に入り
目次
  1. 白湯ダイエットとは?
  2. 白湯ダイエットの方法
  3. 白湯ダイエットの適切な量とは?
  4. 白湯ダイエット効果
  5. 白湯ダイエットのポイント
  6. おわりに

白湯ダイエットとは?

白湯ダイエットは、モデルや芸能人も体型維持のために取り入れている方法。白湯は、お湯を冷ましたものとなっており、この白湯を取り入れてダイエット効果を得ます。

白湯であれば、ポットややかんがあれば誰でも簡単に作ることができますから、経済的な負担も少ないダイエット方法となっています。

今日から、誰でも始められるダイエット方法ですから、興味がある人は今からはじめてみませんか。

白湯ダイエットの方法

白湯ダイエットの方法はとても簡単、起床後、朝食中、昼食中、湯食中に白湯を飲むだけ。

起床後は、まだ胃腸が働いていない状態。白湯を飲むことで、内臓を温めることができ、代謝を上げることが出来ます。起床後は、飲み忘れてしまいがちですから、「起きたら、白湯を飲む」ということを習慣づけましょう。

食事中の白湯は、お茶などに変えるだけでOKですから気軽に取り入れることができるのではないでしょうか。

白湯ダイエットの適切な量とは?

白湯がダイエットに効果があると聞くと、効果を上げようと大量の白湯を飲もうとする人がいます。確かに、白湯は体に良いものではありますが、大量摂取は逆効果。何でも、やりすぎはよくありません。

白湯ダイエットの適切な量は、一度に150ml程度。この量を、ゆっくりと時間をかけて飲むことがポイントです。ゆっくりと体に取り入れることで、より効果を高めてくれるでしょう。

 

白湯ダイエット効果

白湯でダイエットをするというと、「どうして白湯で痩せるのだろう?」と不思議に思う人も多いのではないでしょうか。白湯は、熱湯を冷ましたものですから、これで痩せるというのは不思議に思うもの無理はないでしょう。

しかし、白湯はカロリーがありませんし、温かいものですから、ダイエットには最適ですし、プラスの効果もあります。

では、白湯ダイエットではどういった効果を得られるのか、ご紹介しましょう。

デトックスの効果

白湯は、不純物も入っていないため、飲むことで内臓をしっかりと温めることができます。内臓が温まると、肝臓や腎臓の動きは今までよりもスムーズになり、胃腸の働きや消化機能も高めることができるでしょう。

そして、体を温めることで、体の中にある余分なものを排出することができ、デトックス効果を得ることができます。

利尿作用の効果

暑い日やお風呂上りなどは、冷たい飲み物を好んで飲んでいる人も多いでしょう。確かに、お風呂上がりに冷えた飲み物を飲むというのは、おいしいもの。しかし、冷えたものは体を冷やしてしまいます。

実は、冷たい飲み物などは、体の中に入ると水分をため込もうと働きます。そうなれば、むくみの原因ともなってしまうでしょう。

白湯は、体を温める効果がありますから、逆に排出しようと働きかけるため、利尿作用も高まります。そうなれば、体にたまってしまっている余分な水分も排出することができ、むくみ改善も期待できるでしょう。

血行促進の効果

白湯を飲むと、体がポカポカしてきます。これは、白湯を飲んだことで、内臓が温まったため。内臓が温まると、血行促進にもなり、冷え性の人にとっては症状を改善することが期待できます。

女性は、冷え性の人が多いですから、白湯を取り入れてダイエット効果だけでなく、冷え性改善も行うことが出来るでしょう。

便秘解消の効果

女性は、便秘で悩んでいる人が多いのではないでしょうか。便秘状態が続くと、ぽっこりお腹になってしまいますし、常にお腹の張りを感じている人もいるでしょう。

便秘を解消しようとすると、薬に頼りがちですが、白湯でも便秘解消を目指すことが出来ます。どうして、白湯で便秘解消ができるかというと、まずは内臓を温めることができるため。そして、便を柔らかくしてくれる効果があります。

便秘気味の人は、水分不足の人も多いですから、白湯を取り入れることで便のカサ増しすることができ、便意の促進効果も得ることが期待できるでしょう。

基礎代謝を上げる効果

ダイエットを考えている人の中には、「最近、太りやすくなった」と感じている人もいるのではないでしょうか。私たちは、年齢を重ねるごとに基礎代謝が下がり、太りやすくなってしまいます。

白湯は、体を温めることができるため、自然と体温を上げることができます。そして、体温が上がることで、自然と基礎代謝も上げることができるんですよ。

そうなれば、今まで以上に代謝が良くなり、ダイエットのために行っている運動効果も高めることができるでしょう。

 

白湯ダイエットのポイント

白湯ダイエットに成功するためには、単に白湯を飲めばよいという訳ではありません。成功するためには、やはり白湯を飲むタイミングや量を守ることが大切。

効果を高めようと、たくさん飲んでしまったり、飲みにくいからとカロリーの高いものをプラスしてしまえば、効果は半減してしまいます。

では、白湯ダイエットに成功するためのポイントをご紹介しましょう。

白湯のタイミング

白湯ダイエットを成功させるためには、やはり効率的に効果を得るために、タイミングを見極めること。

まず、起床後は汗をかいており、体は水分が不足した状態。そんな時、冷たい水を飲みたくなりますが、白湯を取り入れれば内臓に負担をかかえることなく、体をゆっくりと覚醒させることができます。

食事中の白湯は、体を温めながら食事を摂ることができるため、栄養が吸収しやすくなります。

また、就寝前の白湯は眠りやすくしてくれたり、睡眠中の水分不足を防ぐ効果があります。

こういった白湯を取り入れるタイミングを知っていれば、よりダイエット効果も高めることができるでしょう。

白湯の量

白湯を取り入れる量は、タイミングによっても変わってきます。

例えば、起床後は150ml程度。食事中は、200ml。食事中は、白湯を摂りすぎてしまうと、白湯でお腹いっぱいになってしまい、栄養をしっかりと補えなくなってしまう可能性があるため、飲み過ぎに注意が必要です。

白湯の飲み方

白湯といわれても、何度くらいが良いのか分からない人もいるでしょう。人によって、飲みやすい温度も変わってきますから、白湯を作る際に迷ってしまう人もいるのではないでしょうか。

白湯の温度は、50度程度。熱いからといって効果が上がるわけではありませんから、50度を基本と考え、白湯を作りましょう。

白湯を飲む際には、一気に飲んでしまわないこと。一気に飲んでしまえば、逆に内臓に負担をかけてしまうことになります。

ゆっくりと10分程度、時間をかけて飲むようにしましょう。

おわりに

白湯ダイエットは、ダイエット効果を高めるだけでなく、嬉しいプラスの効果も期待できます。白湯を取り入れることで、健康的な体へと変えていくことができるでしょう。

白湯は、味がないものですから、中には飽きてしまう人もいるかもしれません。そんな時には、カロリーの少ないものをプラスして、飲みやすくすることもおすすめ。たとえば、レモン汁を加えれば、飲みやすくなるだけでなく、ビタミンも取り入れることができます。冷え性の人は、しょうがを加えることでより冷え性改善の効果を高めることができるでしょう。

この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事

おすすめ

編集部のおすすめ

特集

乾燥対策やプチプラなど人気のハンドクリームおすすめ記事をまとめました!

カバー力のあるファンデーションなど人気の記事を要チェック!