更新:2017.10.22 作成:2017.10.22

知らず知らず「睡眠負債」が貯まってる!?その実体と解消法!

「よく眠れた」と思っていても、実は「寝不足」かもしれません。そしてそれが「睡眠負債」としてたまりにたまると、大変なことになるかもしれません。今回はそんな「睡眠負債」の危険性と対策についてまとめてみました。是非眠れていると思っている方も今一度確かめて、気をつけてください!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
❤︎ お気に入り
目次
  1. 「睡眠負債」とは
  2. 睡眠負債による影響はどんなものがあるの?
  3. そんな危ない睡眠負債はどうしたらいいの?
  4. 寝だめでは解消できないの?
  5. 簡単に返済できる方法!?
  6. 最後に

皆さんは毎朝「よく寝た!」と言えるほどの快眠ができていますか?しかし最近、それが「できている」という人にも危険が迫っていることがわかってきました。今回取り上げるのは「睡眠負債」というものです。私は聞いたことなかったのですが、皆さんはご存知ですか? この知らず知らずのうちに貯まっている睡眠負債とは何なのか、そしてどう影響してくるのか、さらにはその対策・対処法まで解説したいと思います。

「睡眠負債」とは

「睡眠負債」。なかなか聞き慣れない言葉だと思いますが、「何かが借金のように貯まっていってしまうことだ」というのはわかると思います。そしてその「何か」というと、なんと「睡眠不足」なのです。わずかな睡眠不足が積もりに積もって、あらゆる影響を及ぼしてしまう。それが「睡眠負債」というものなのです。ポイントなのは「わずかな」睡眠不足が積もることであって、それでは日々の生活では気づかないそうなのです。日に日に仕事での生産性が落ちてきたり、最悪の場合、病気になってしまったりするようなのです。

睡眠負債による影響はどんなものがあるの?

まず生活する上での様々な生産性が落ちると言われています。仕事でははかどらないでしょうし、趣味も楽しめないでしょう。その他にも重度になると「免疫機能の低下」「糖尿病」「がん」「肥満」「うつ」「物忘れ」etc.を発症するおそれがあるそうです。もう「がん」までになってしまうと「すべての病気の原因になりうる」と言っても過言ではありませんよね。それほど睡眠というのは生活や体にとって非常に大切なものである、というのがわかります。

そんな危ない睡眠負債はどうしたらいいの?

一番効果的なのは、「睡眠時間を普段より少し多く、固定させる」ことです。睡眠負債というのは例えば睡眠が7時間必要な人が6時間しか寝ないために1時間負債を負う、というものですから、いつも寝ている時間よりも少し多くして、固定させればいい、というのはわかると思います。そして私はそれに加え、毎朝、毎晩、簡単な「健康チェック」をするのがいいと思っています。自分で気づかないうちに進行してしまうのに、気をつけてくださいと言われても難しいですよね。ですから「少しの違和感に機敏になる」というのも効果的だと思います。例えばそれは仕事の中でのパフォーマンスでのことでもあるでしょうし、便通など具体的な健康行動かもしれません。言葉には表せない感覚的な部分かもしれませんし、その基準や項目は人それぞれです。自分の体をよく知っているのは、他でもなく「自分」ですから、毎日「健康ですか?」そして「今日も健康でしたか?」というのを確認する習慣をつけるのがいいと思います。

寝だめでは解消できないの?

睡眠負債のことを知って、「寝だめ」をすればいいのでは、と思った方もいると思います。寝だめというのは例えば毎日6時間寝ている人がいたとします。その人の1週間の睡眠時間は6(時間)×7(日)の42時間です。しかし金曜日に急な仕事がたくさん入ってしまい、その日の睡眠時間が3時間になってしまったとします。そんな時、その次の土曜日などに普段の6時間に3時間を加えた9時間睡眠をすれば、全体値は変わらないから健康を保てる、というものです。世の中にはこれで本当に体が持つ人もいます。だから「私も寝だめで解消する!そんな確認する習慣とか日々少し睡眠時間増やすとか絶対無理だから!」とするのは早合点です。睡眠負債の最大の難点は「本人も気づかない間に進行してしまっている」ことです。それなのに「毎日規則的な時間に寝ないで、睡眠時間もバラバラ」ということをするのはあまりにも危険すぎます。手遅れになってからでは遅いのです。ですから自分の体を一番に考えるのであれば、「睡眠時間をいつもより少し多く、そしてそれを固定させる」ように習慣づけてください。

簡単に返済できる方法!?

一番いいのは先程言った「睡眠時間をいつもより少し多く取り、それを固定化させること」です。しかし仕事柄それができない方や他の理由でできない方も多くいると思います。そんな方にオススメなのが「昼寝」です。昼寝というのは最近非常に重要であることがわかってきて、多くの有名企業やNASAでも推奨されています。30分以内の昼寝をすることで、日々貯まってしまっている睡眠負債を少しずつ減らすことができるのです。しかも、昼寝をすることによって、午前中と変わらない午後を過ごすことができます。お昼を食べ終わった後の仕事とか非常に眠たかったりして、本来であればすぐ終わる仕事もなかなか終わらなかったりすることもあると思います。しかしそれさえも昼寝で解消することができます。是非積極的に昼寝をして、少しでも負債を返済してください!
 

最後に

昔に比べて日本人の睡眠時間は短くなっているそうです。ITというものが目覚ましい成長を遂げて、その素晴らしい恩恵を受けているのは確かです。しかしその一方でこういった「新たな危険」も生まれていることも確かです。そういったものすべてを認識し、治すべきだ、などとは言えませんが、こと自分の健康に関しては把握するべきです。一度きりの人生です!健康に楽しく生きましょう!そのためにはまず睡眠負債を消化する必要があります。気づかないうちにどんどん貯まっているかもしれません。今一度生活や毎日の様子を振り返ってみて、確かめて見てください!
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事

おすすめ

編集部のおすすめ

特集

乾燥対策やプチプラなど人気のハンドクリームおすすめ記事をまとめました!

カバー力のあるファンデーションなど人気の記事を要チェック!