更新:2017.6.22 作成:2017.6.22

アロマオイルでリラックス♪楽しみ方を徹底分析☆

部屋の中が良い香り、好きな香りになると、リラックスできるものです。部屋の香りに、こだわっている人も多いのではないでしょうか。そんな人は、アロマオイルと活用していますか。アロマオイルは、香りを楽しむだけではなく、様々な効果も得ることが出来る、魅力的な存在。では、アロマオイルの様々な楽しみ方をご紹介しましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
❤︎ お気に入り
目次
  1. アロマオイル(エッセンシャルオイル)とは?
  2. アロマオイルの楽しみ方
  3. アロマオイルの効果
  4. アロマオイルの選び方
  5. おすすめ!人気アロマオイル
  6. おわりに

アロマオイル(エッセンシャルオイル)とは?

そもそも、アロマオイルは何から作られているかというと、植物の葉や花、茎などから抽出したもの。ピュアオイルであれば、全てが植物から抽出されたオイルですから、自然な香りを楽しむことが出来ます。

そのため、アロマオイルを選ぶ際には、何よりも100%のピュアオイルを選ぶことが基本です。他の物が混ざっているものは、自然の香りを楽しむことが出来ません。購入時には、100%天然、ピュアオイルなどの記載をチェックしましょう。

アロマオイルの扱い方法

アロマオイルを購入したいと考えている人の中には、「他に何を揃えれば、アロマテラピーを楽しむことが出来るのだろう?」と思っている人もいるでしょう。

アロマテラピーを楽しむためには、アロマオイルがあれば充分楽しむことが出来ます。まずは、ピュアオイルを揃えることからはじめましょう。

 

アロマオイルの使い方

アロマオイルは、日光に影響されやすいため、一般的には茶色や青色の瓶に入って販売されています。そして、口にはキャップがついており、アロマオイルが一気に出ないようにドロッパーがついています。

はじめて使う方はアロマオイルがなかなか出ず、振ってしまう人が多いですが、アロマオイルは種類によってテクスチャーが重いため、なかなか出てきません。アロマオイルを使う際には、瓶を傾けて振らずに1滴ずつ落とすようにしましょう。

 

アロマオイルの保管法

アロマオイルを使わない時には、冷暗所で保管しておくことが基本です。アロマオイルは、保存環境によって影響されますので、出来るだけ風通しが良く、日光が当たらない場所に保管するようにしましょう。もちろん、火のある場所や湿気が多い場所は避ける必要があります。

アロマオイルは、自然のものですから空気に触れることで酸化してしまいます。使用の目安は、開封後は1年以内、未開封は2年以内に使用するようにしましょう。ただし、レモンなどの柑橘系のオイルは開封後変質しやすいため、開封後6ヵ月を目安となります。

 

使用前のパッチテスト

アロマオイルは、香りを楽しむことが出来ますが、その保管にもキャリアオイルなどを使用することで、肌に直接使うことも出来ます。

しかし、どんなに自然な物であっても、中には肌に合わないものもあります。特に、アレルギーを持っている人や敏感肌の人の場合には、何らかの反応が出てしまう可能性があるため、事前にパッチテストを行うようにしましょう。

パッチテストの方法はとても簡単。二の腕などに内側に、アロマオイルを少し肌に着け、肌の様子をチェックしましょう。赤くなったり、かゆみが出たり、腫れなどが出た場合には、肌への使用は避けましょう。

 

アロマオイルの楽しみ方

アロマオイルというと、「香りを楽しむためのもの」と思っている人が多いでしょう。しかし、アロマオイルは様々な使い方が出来ます。

では、アロマオイルの楽しみ方をご紹介しましょう。

アロマポットで香りを楽しむ

アロマオイルの香りを楽しむためには、アロマポットを使うと良いでしょう。アロマポットは、今では100円ショップでも気軽に購入することが出来ます。受け皿に水と数滴のアロマオイルを垂らし、下にろうそくをいれ、温めて香りを楽しみます。ろうそくを使うアロマポットは、火を使うことになりますから、注意が必要です。

「火を使うのが心配」と言う人は、今では電気式のアロマポットがありますから、こういったタイプを選ぶことで、火の心配なく香りを楽しむことが出来るでしょう。

アロマオイルで蒸気パック

アロマオイルには、それぞれ様々効能があります。そのため、顔のケアにも生かすことが出来ます。

簡単に取り入れられるのは、蒸気パック。洗面器にお湯を張り、そこにアロマオイルを数滴垂らします。そして、タオルを被って洗面器から出る蒸気を顔に受けるだけ。アロマオイルの香りを楽しみながら、毛穴を開き、蒸気パックを簡単に楽しむことが出来ます。

 

アロマオイルでマッサージ

疲れた時には、アロマオイルはマッサージの際にも活用することが出来ます。疲れた足などをマッサージする際には、1%以下に希釈したアロマオイルをホホバオイルなどに入れて用います。くれぐれも、直接肌にアロマオイルをつけないようにしましょう。

アロママッサージをすることで、血行が良くなり、気分もリラックスすることが出来るでしょう。

 

アロマオイルをお風呂で楽しむ

入浴時にも、アロマオイルは楽しむことが出来ます。お湯をはったバスタブに、5滴ほどアロマオイルを垂らすことで、アロマオイルの香りを楽しみながら、入浴することが出来ます。

ただし、この時にもアレルギーの人や敏感肌の人は、ピリピリする可能性がありますから、事前にパッチテストをしておいた方が良いでしょう。

 

アロマオイルの効果

アロマオイルには、様々な種類がありますが、それぞれ効果があります。しかし、この効果を知らないまま、香りだけを楽しんでいる人も少なくありません。

では、アロマオイルにはどういった効果があるのか、ご紹介しましょう。

アロマオイルには、様々な種類がありますが、それぞれ効果があります。しかし、この効果を知らないまま、香りだけを楽しんでいる人も少なくありません。

では、アロマオイルにはどういった効果があるのか、ご紹介しましょう。

感情の効果

アロマオイルの中には、緊張をほぐしてくれたり、ストレスを緩和してくれる効果があるオイルがあります。

例えば、緊張を抑えてくれる効果があるのは、サンダルウッド。ストレスを抑えてくれるのは、ゼラニウムというように、オイルの種類によって感情へ効果を与えてくれるものがありますので、その時の精神状態でオイルを選ぶと良いでしょう。

 

抗菌や殺菌の効果

実は、アロマオイルの中には抗菌作用や殺菌作用があるものもあります。自然の力で、こういった効果を得られるのは大きな魅力と言えるでしょう。

例えば、ユーカリは感染症予防に効果がありますし、ティーツリーは殺菌力や抗菌力が強いです。ペパーミントも殺菌効果に優れています。

 

 

アロマオイルの選び方

アロマオイルを購入する時、「どうやって、オイルを選んだら良いのだろう?」と迷われる人も多いでしょう。アロマショップに行くと、数多くの種類が並んでいますから、「何が良いだろう?」と思うのも当然です。

では、アロマオイルの選び方をご紹介しましょう。

香りで選ぶ

アロマオイルを楽しむためには、やはり香りは重要です。そのため、香りを中心に選ぶのも選び方の方法の一つ。

アロマオイルの香りは、柑橘系、フローラル系、エキゾチック系、ハーブ系、樹木系、スパイス系、樹脂系といったようにタイプが分かれていますから、一つずつ香りを確かめながら、自分好みの香りから選ぶと良いでしょう。

 

悩み別で選ぶ

アロマオイルを購入したいと考えている人の中には、何らかの悩みを抱えている人もいます。そんな人は、その悩みに応じたオイルを選ぶと良いでしょう。

例えば、眠れない人はラベンダーオイル、憂鬱な気分の人はベルガモット、気持ちを落ちつけたい人はゼラニウムといったように、悩みに合せて選ぶこともおすすめです。

 

アロマオイルの価格について

今では、アロマオイルは様々な場所で販売されています。そして、お店によって「これは、ずいぶん安いな」と思うオイルもあります。

アロマオイルは、自然なものですから極端に安いものは、何か混ざっていると考えた方が良いでしょう。基本的には、ラベンダーオイルの場合には10mlサイズで1,500円から2,000円が目安となっていますから、極端に安いものは避けた方が良いでしょう。

 

アロマオイルの注意点

アロマオイルは、自然のものではありますが、取り扱い方を間違えてしまえば体に支障をきたしてしまうこともあります。そのため、お子さんがいるご家庭などでは、お子さんの手の届かない場所に保管しておくことが必要です。

また、どんなに自然なものだからといって、直接肌に付けないことも基本。ティーツリーやラベンダーなどは、肌に直接付けても良いといわれていますが、それでもアレルギーがある人や敏感肌の人は避ける必要があります。アロマオイルを直接肌に用いる際には、必ず希釈して用いるようにしましょう。

そして、妊娠中の人や何らかの病気の治療中の人も、オイルによっては何らかの作用が働く可能性があるため、使用は避けた方が良いでしょう。

おすすめ!人気アロマオイル

どのオイルを選んだら良いのか分からない人は、使いやすいオイル、無難なオイルを選ぶことがおすすめです。

では、おすすめのアロマオイルをご紹介しましょう。

 

ラベンダー

フローラルなタイプの香りで、一般受けする香りのラベンダー。ラベンダーには、自律神経のバランスを調整してくれる働きがあるため、イライラしている人やストレスがたまっている人におすすめです。眠れない人にも、夜ラベンダーオイルを用いると、良い睡眠へと導いてくれるでしょう。

 

グレープフルーツ

爽やかな香りが楽しめるグレープフルーツは、アロマオイル初心者も取り入れすい香り。緊張している時や不安などを抱えている時には、気持ちを前向きにさせてくれる効果があります。

ヒノキ

日本人にとっては、馴染みの深い香りヒノキ。ヒノキは、森林浴をしているようなリフレッシュ感を得られます。気持ちを前向きにしてくれる効果を得られるでしょう。また、気管支ぜんそくやアレルギー性鼻炎の人には、おすすめのオイルとなっています。

 

アロマオイルは無印でも購入可能!

アロマオイルを購入する際、「どこで購入したら良いのだろう?」と迷われる人も多いでしょう。アロマショップなどに入ったことがない人にとっては、「入りにくい」と思われる人も多いのではないでしょうか。

そんな人は、無印がおすすめ。無印では、アロマオイルも豊富に揃っており、自分好みのアロマオイルを見つけることが出来ますよ。

 

 

おわりに

アロマオイルというと、「自分には、必要のないもの」と思ってしまう人もたくさんいます。しかし、アロマオイルは誰でも気軽に楽しめるものです。香りを楽しむだけではなく、入浴時やマッサージの際にも用いることが出来ますから、この機会にアロマオイルにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事

おすすめ

編集部のおすすめ

特集

乾燥対策やプチプラなど人気のハンドクリームおすすめ記事をまとめました!

カバー力のあるファンデーションなど人気の記事を要チェック!