更新:2017.6.21 作成:2017.6.21

脱カフェインへの強い味方!今人気のおすすめデカフェとは?

デカフェって知っていますか?カフェインレスとの違いは?昨今コンビニやカフェで人気が高まっているデカフェが人気です。妊婦の方には強い味方。夜のリラックスタイムにも用いられており、脱カフェイン、減カフェイン生活を始める方にもおすすめです。是非取り入れてみてはいかがでしょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
❤︎ お気に入り
目次
  1. デカフェとは?
  2. 妊娠中のカフェイン
  3. デカフェが飲めるカフェ
  4. コンビニで買えるデカフェ
  5. おわりに

デカフェとは?

最近では、カフェでもデカフェを扱うところが増えていますし、コンビニでもデカフェを揃えているところがあるため、デカフェの存在を知っている人は多いでしょう。

しかし、デカフェの本当の意味を知っている人は意外と少ないのではないでしょうか。では、デカフェとはどういったものなのか、ご紹介しましょう。

デカフェの定義

デカフェというと、「カフェインがあまり入っていないコーヒー」ということは理解していても、どういったものがデカフェと呼ばれているのか知らない人も多いでしょう。

デカフェは、コーヒー豆からカフェインを取り除いたものを言いますが、EUの基準ではその中でもカフェインを99.9%以上除去したもののことを指します。しかし、日本では特に基準がないため、含有率などにこだわりがないのが現状です。

カフェインレスとの違い

デカフェというと、「カフェインレスとは、違うのだろうか?」と疑問を持つ人も多いとでしょう。同じように、カフェインが含まれていないものと思っている人も多いと思いますが、少しだけ意味合いが異なります。

デカフェの場合には、元々カフェインが入っているものからカフェインを取り除いています。そのため、香りや味はカフェインを抜く前と比べると変わってきます。しかし、カフェインレスの場合には、元々含まれているカフェイン量が少ないものを言います。

 

ノンカフェインとの違い

「ノンカフェインとデカフェは違うものなのだろうか?」と思われる人も多いでしょう。ノンカフェインというのは、元々カフェインが含まれていないもののことを言います。

カフェイン量に注意したい人にとっては、ノンカフェインが一番安心して取り入れられるタイプと言えるでしょう。

妊娠中のカフェイン

コーヒー好きの人は、1日に何杯もコーヒーを飲んでいるでしょう。特に、仕事中などは摂取量も増えるのではないでしょうか。しかし、女性の場合には妊娠をするとコーヒーを我慢しなければいけません。

では、妊娠と珈琲について、ご紹介しましょう。

赤ちゃんへの影響

妊娠とコーヒーは、一見何も関係ない様に思われます。しかし、コーヒーにはカフェインが含まれていることで、赤ちゃんに影響を及ぼしてしまうことがあります。

妊娠中にカフェインを過剰摂取してしまうと、流産や早産、赤ちゃんの低体重といったリスクが高まると言われており、赤ちゃんへの影響が考えられます。

妊娠中こそデカフェ!

今まで、1日に何杯もコーヒーを飲んでいた人にとって、妊娠を機にコーヒーを我慢するというのは、辛いものでしょう。飲めないと思えば思う程、飲みたくなるのではないでしょうか。

そんな時は、デカフェがおすすめ。デカフェであれば、カフェインを抑えながらコーヒーの味わいを楽しむことが出来ますから、妊娠中でも安心。コーヒーが飲めないことでイライラしてしまえば、赤ちゃんにとっても良くありませんから、デカフェでリラックスタイムを作ると良いでしょう。

Item

デカフェが飲めるカフェ

コーヒー好きにとっては、外出先でのコーヒーも楽しみの一つでしょう。しかし、カフェインの摂取量が気になる人にとっては、カフェのコーヒーに不安を感じる人もいます。

そんな時は、デカフェがあるカフェを選べば、本格的なコーヒーもカフェインを気にせずに楽しむことが出来ます。

では、デカフェを扱っているカフェをご紹介しましょう。

スターバックス

カフェといえば、スターバックスを思い浮かべる人も多いでしょう。スターバックスでは、デカフェコーヒーも提供していますから、カフェインを気にせずに、リラックスすることが出来ます。

スターバックス コーヒーのデカフェは
カフェインを99%以上取り除いているとのこと。

 

タリーズコーヒー

タリーズコーヒーでも、デカフェを提供しています。しかし、店舗によっては扱っているお店と扱っていないお店がありますので、事前にチェックしておくことがおすすめです。
タリーズコーヒーの「デカフェ」は95%以上カフェインを取り除いているとのことです。

ドトール

ドトールでも、カフェインレスのアイスコーヒーを扱っているお店があります。こちらも、店舗限定となってしまうため、事前の確認がおすすめです。

 

コンビニで買えるデカフェ

自宅や職場でも、デカフェを楽しみたいと思っている人も多いでしょう。そんな時には、気軽に購入出来るコンビニのデカフェがおすすめ。

では、コンビニで購入出来るデカフェをご紹介しましょう。

ローソン MACHI cafe / カフェインレスコーヒー

ローソンでは、カフェインを97%カットした、カフェインレスコーヒーがマチカフェより登場。 豆はコロンビア産のアラビカ豆を100%使用。

ファミリーマート / EXCELSIOR CAFFE

ファミリーマート・サークルK・サンクス限定。カフェインを94%カットしています。共同開発したカフェラテです。

EXCELSIOR CAFFEは、ファミリーマートで購入することが出来ます。

エクセルシオール カフェ監修のチルドカップコーヒー「カフェインレスカフェラテ」でラテ派にとっては、とても嬉しいデカフェと言えるでしょう。

おわりに

最近では、カフェインの過剰摂取による緊急搬送といったニュースも耳にするようになってきました。もちろん、基準量の摂取であればカフェインは決して悪いものではありませんが、「胃腸の調子が気になる」「カフェインを摂ると寝れなくなる」「妊娠した」という時には、デカフェがおすすめ。

今では、デカフェも気軽に楽しめるようになってきましたから、ぜひ自宅でもデカフェを楽しんでみませんか。

この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事

おすすめ

編集部のおすすめ

特集

乾燥対策やプチプラなど人気のハンドクリームおすすめ記事をまとめました!

カバー力のあるおすすめのファンデーション関連の人気記事をまとめています!