更新:2017.5.16 作成:2017.5.16

100%純粋なピュアオイルのヘアオイル、使い方のご紹介☆

自然な素材だけでできたヘアオイルはヘアケアをする際には一番オススメの方法です。ナチュラルなヘアオイルの使い方のご紹介します
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
❤︎ お気に入り
目次
  1. ナチュラルな素材のヘアオイル、使い方のご紹介☆
  2. ココナッツオイルの使い方
  3. ひまし油の使い方

ナチュラルな素材のヘアオイル、使い方のご紹介☆

自然な素材だけでできたヘアオイルはヘアケアをする際には一番オススメの方法です。ナチュラルなヘアオイルの使い方をご紹介します。

自然な素材だけでできたヘアオイルの利点


自然な素材だけでできたヘアオイルはヘアケアをする際には一番オススメの方法です。
髪も頭皮も身体の一部であり、いずれは身体の中へ吸収される分、自然な素材のヘアケア商品を使用したいですよね。

化学的に作られたヘアオイルもたくさん販売されていますが、ココナッツオイルやひまし油、椿油、ホホバオイル、アルガンオイルなど髪のタイプによってたくさんの種類から選ぶことができます。髪の質によってあなたにピッタリのナチュラルなオイルを選んでみましょう
 

中でのオススメのオイルはなんといってもココナッツオイルひまし油です
おすすめする理由に関しては下のリンクの記事で詳しく説明してあるので是非こちらもご参照下さい。
 

ココナッツオイルの使い方

ココナッツオイルを長年愛用


私はもう10年ほどココナッツオイルでヘアケアをしています。よく人に髪の毛がきれいと言われますが、忙しくてあまり美容に神経を使う暇がないのでどうしてだろう・・・と思っていました。後になって、やはりそれはココナッツオイルのお陰だと思うようになりました。

お仕事の関係で世界中のたくさんの国と地域で移動しながら活動する私にとって、ある地域にしか売っていない特定の製品を使用することがほとんど不可能になってきていました。しかしココナッツオイルは大体どの国のどの地域でも簡単に手に入るために一定の商品を使いながら安定したヘアケアをすること可能になりました。
 

ココナッツオイルでヘアケアをしよう


それではここからはココナッツオイルを使っての毎日のヘアケアの仕方をご紹介します。ココナッツオイルは、オーガニックのヴァージンココナッツオイルを使用しましょう。
 

デイリー・ケアの仕方


一番簡単なココナッツオイルでのヘアケアの仕方は、お好みのシャンプーとコンディショナーで髪を洗った後、髪を乾かす時に使う方法です。とても簡単ですが、効果は抜群です。

1)シャンプーとコンディショナーで髪と頭皮を洗う。

2)髪を髪専用のタオルでくるみ、髪の水滴をある程度ふきとる

バスタオルで髪をふくという方もいらっしゃると思いますが、バスタオルと髪専用のタオルを使い分けることをおすすめします。

3)ドライヤーで乾かす

髪の質にこだわる方は、ドライヤーの強さは「強」ではなく「中」にして少し時間をかけながらもいたわりながら優しく髪を乾かします。
ドライヤーの種類にもたくさんありますが、髪の毛に優しいタイプのドライヤーを使用しましょう。
 

4)ドライヤーである程度髪を乾かしたらタオルで水滴をふきとりながらブラシで髪をとかす。

髪が濡れている時に髪を梳かすと髪がいたむ原因になってしまいますので、髪がある程度乾いてから髪を梳かすようにしましょう。

5)ココナッツオイルを髪の毛先を中心につける

ココナッツオイルを髪の毛先を中心に頭皮に届かない程度の髪の中間あたりまでつける。
毛先にオイルをつけたら、髪の中間あたりからねじりながら髪全体にオイルが行き渡るようにまんべんなくつけます。
髪の量が多い方は髪の束を2つに分けて、おなじようにねじりながらつけます。

6)ココナッツオイルが髪に行き渡ったことを感じられたらドライヤーで残りの水分を乾かす。
 

デイリー・ケアのコツ


ドライヤーで乾かす時にオイルをつけるだけというとても簡単なココナッツオイルを使ってのデイリーケアですが、順番がかなり大事になっています。

水分がたくさんついているお風呂上がりの段階でココナッツ・オイルを髪につけたとしても大量の水分でココナッツオイルが薄まってしまい、あまり効果がありません

また、まだ充分に乾いていない状態でココナッツオイルを髪につけてしまうとココナッツオイルがタオルにも染み込んでしまうので、タオルにカビが生えやすくなってしまったり等、タオルがいたむ原因にも繋がってしまいます。

ある程度、ドライヤーでまず髪の毛を優しく乾かしブラシで髪をとかした後ココナッツオイルをつけると適度に残った水分とココナッツオイルが一緒になり髪にもより浸透しやすくなります。完全に乾いた状態でオイルをつけるよりもより効果的になります。
 

デイリー・ケアの注意点


ココナッツオイルは秋冬の寒い時期は白く固まってしまいます

20〜25度以下になってココナッツオイルが固まってしまったら、湯煎で溶かして使うか、スプーンなどで掬って使いましょう。湯煎をする際はあまりの高温で溶かと容器にダメージが加えられてしまう場合がありますので注意しましょう。

また、プラスティックの容器に入れられているココナッツオイルの場合は残量が少ないとお湯の上に置いた時に空気の軽さで浮いて横に傾いてしまいます。この時に容器のキャップがしっかりとしまっていないと隙間から水が中に侵入してしまうので注意しましょう。
 

ココナッツオイルを頭皮へ塗る際にはシャンプーの前に


ココナッツオイルは頭皮にも効果的です。ココナッツオイルの含まれたビタミンと脂肪酸血行の流れを促進し、フケを防ぎ、髪の生成を助けると言われています。

1)ココナッツオイルをスプーン一杯から大さじ一杯くらいまでの量を少しずつ手のひらにとり、頭皮に指先で優しくマッサージしながらつけます。

頭皮だけでなく髪の毛全体にもつけて、ヘアパックをしても効果的です。
*頭皮がもともと脂っぽい方は使用をお控え下さい。

2)ブラシで優しくとかす

ブラシで髪をとかすことでココナッツオイルが髪にまんべんなく行き渡ることを助けます。

3)30分くらいそのままにしておく

シャワーキャップなどをかぶっても効果的です。

4)シャンプーとお湯でココナッツをオイルをしっかりと洗い流す

ココナッツオイルが頭皮に残らないようにしっかりとシャンプーで洗い流します。
 

ひまし油の使い方


ひまし油はアンタイ・エイジングに効果的なオイルとして海外ではココナッツオイルと共に大人気のヘアケアオイルです。

ひまし油は髪の毛が抜け落ちるのを防ぎ、髪の毛が新しく育つことを助ける効果をもたらします。定期的にひまし油をヘアケアに使用すると、3倍から5倍ほど髪の生成効果がアップします。眉毛やまつ毛につけても効果的です。

ココナッツオイルと同様、コールドプレッスド(低温精製)でオーガニックの製品を購入しましょう。薬局などでも売っていますが、できるだけアロマセラピー・グッズを販売しているお店やインターネットなどで購入しましょう。
 

オススメの使用方法


1)ひまし油を数滴手のひらにとり、頭皮全体に優しくマッサージします。

2)手に残ったひまし油を毛先につけます

3)最低20分くらいそのままにしておきます

4)ペーパー・タオルなどを使い、余分な油分をまずは拭き取ることをおすすめします。

5)シャンプーでしっかり洗とります

6)まだ油分が残っていたら再度シャンプーして洗い流します

7)最初の数週間は一週間に3〜4回使用します。

8)効果を確認できるようになると週に1回に回数を減らします。
 

ひまし油を使用する時の注意点


暑い夏場には使用することを避けましょう。
冬場には髪の成長は早く、夏場には髪の成長は遅いと言われています。
 

他のオイルと混ぜて使用することも可


ひまし油はオイルの濃縮度が高いオイルのために、そのままで使うことも可能ですが、匂いなどが気になるようでしたらココナッツオイルやアーモンドオイルと混ぜて使うことも可能です。
 
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • カルーナ

    2006年にフィリピンの自然の奥深い美しい島でシャーマンからクンダリニー・ダンスのイニシエーショ...

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事

おすすめ

編集部のおすすめ

特集

乾燥対策やプチプラなど人気のハンドクリームおすすめ記事をまとめました!

カバー力のあるファンデーションなど人気の記事を要チェック!