更新:2017.11.8 作成:2017.11.8

選び方まで総まとめ!頼れる人気コンシーラーおすすめ10選

メイクをする際、コンシーラーを上手に活用出来ていますか。コンシーラーという存在は知っていても、使い方が分からず、取り入れていない人も多いのではないでしょうか。コンシーラーがあれば、気になるシミやそばかす、ニキビ跡なども隠すことが出来ます。まだ取り入れていない人は、コンシーラーを取り入れて悩みを解消してみませんか。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
❤︎ お気に入り
目次
  1. そもそもコンシーラーとは?
  2. コンシーラーの使うタイミング
  3. コンシーラーの種類
  4. コンシーラーの選び方
  5. コンシーラーを使う時の注意点
  6. コンシーラーのおすすめ人気ランキング
  7. おわりに

そもそもコンシーラーとは?

コンシーラーを使ったことがない人は、使い方が分からない、何の為に使うのか分からない、と思っている人も多いでしょう。
そもそも、コンシーラーはどういった役割を果たしてくれるかと言うと、気になるシミやそばかす、ニキビ跡、目の下のクマ、くすみなどをカバーしてくれます。コンシーラーの別名は、部分用ファンデーションとも呼ばれており、メイク時にはとても頼もしい存在です。

コンシーラーの使うタイミング

コンシーラーを使ったことがない人の中には、使うタイミングが分からないという人も多いでしょう。既に、コンシーラーを使っている人の中には、順番が分からずに自己流に取り入れている人もいるでしょう。
コンシーラーを取り入れる際には、使っているファンデーションの種類によっても変わってきます。
パウダーファンデーションを使っている人は、下地を付けてからコンシーラーを付け、パウダーファンデーションを付けますが、リキッドファンデーションの場合には、下地をつけ、ファンデーションをつけてからコンシーラーをつけ、最後にフェイスパウダーで仕上げます。

コンシーラーの種類

コンシーラーには種類があり、それぞれ特徴があります。そのため、特徴を理解した上で、自分にとって使いやすいものを選ぶことがおすすめです。
どういった種類があるかというと、クリームタイプ、リキッドタイプ、チップタイプ、筆タイプなど様々なタイプがあります。
テクスチャーが柔らかいタイプは、広範囲をカバーしやすいですが、その分カバー力は弱め。逆に、固いタイプは部分的にカバーしやすいでしょう。

コンシーラーの選び方

コンシーラーを選ぶ際には、どういった目的で取り入れるかによって選び方が変わってきます。
広範囲をカバーしたいのか、部分的にカバーしたいのかによってテクスチャータイプが変わってきます。
また、人によってクリームの方が使いやすい、ペンタイプの方が使いやすいなど好みがありますから、用いる目的、使い心地などによって選ぶと良いでしょう。

クマには?

目の下のクマを隠すためにコンシーラーを用いる際には、色選びがポイントです。クマと一言で言っても、様々なタイプがありますから、クマのタイプに合せて色選びをしましょう。
例えば、青グマの場合には、オレンジ系のコンシーラー。茶クマの場合には、黄色やオークルといった明るめの色合いを選ぶことがおすすめです。黒クマの場合には、オークルやベージュ系を選ぶと良いでしょう。

ニキビやニキビ跡には?

ニキビやニキビ跡を隠すために、コンシーラーを使いたいと考えている人も多いでしょう。こういった部分的なカバーの際には、ペンシルタイプやスティックタイプなど、カバー力が高いタイプを選ぶと良いでしょう。

シミ・ソバカスには?

シミやソバカスが気になっている人も、コンシーラーで隠したいと思っている人が多いのではないでしょうか。
シミやソバカスの場合には、広範囲でカバーすることになりますから、リキッドタイプやクリームタイプのコンシーラーがおすすめです。

コンシーラーを使う時の注意点

コンシーラーを用いる際には、仕上がりが自然になることを意識しましょう。そのため、ファンデーションと馴染みの良いものを選ぶことがポイントです。
せっかく気になるシミ、ニキビ、クマなどがカバー出来ても、ファンデーションと馴染まなければ、逆に浮いて目立ってしまいます。
色合いなどは、お使いのファンデーションとの馴染みも考えて選びましょう。

メイクの順番に気をつける

コンシーラーを用いる際には、どのタイミングで用いるかも重要です。この順番を間違えてしまうと、コンシーラーの役割が生かされなくなってしまいます。
お使いのファンデーションによってタイミングが異なりますから、気を付けましょう。

厚塗りをしない

気になる部分をカバーしようと思うと、ついつい厚塗りをしてしまいがち。しかし、コンシーラーを厚塗りしてしまえば、ファンデーションに馴染まず、逆に目立ってしまいます。
コンシーラーを用いる際には、ファンデーションと一緒に用いてカバーすることを考え、周りの色とムラが出来ないように注意しましょう。

コンシーラーのおすすめ人気ランキング

コンシーラーも数多くの種類がありますから、購入時に迷われる人もいるでしょう。コンシーラーは、使う場所や目的によって使い分けることもおすすめです。いくつかの種類を揃えておくと、便利です。
では、おすすめの人気コンシーラーをご紹介しましょう。

1位/イヴサンローラン ラディアントタッチ

イヴサンローランのラディアントタッチは、筆タイプのコンシーラー。光を用いて、立体感を出してくれますから、部分的なカバーにおすすめです。

2位/キャンメイク カラースティック

キャンメイクのカラースティックは、6色揃っています。スティックタイプとなっており、カバー力抜群。ヨレにくいため、メイク崩れもしにくいため、初心者にもおすすめです。

3位/ノブ コンシーラー

コンシーラーを用いる際、肌への負担を心配する人も多いでしょう。そんな人には、ノブ のコンシーラーがおすすめ。優しい処方となっていますから、敏感肌の方も安心して用いることが出来ます。

4位/ETVOS ミネラルコンシーラーパレット

ETVOSのミネラルコンシーラーパレットは、ニキビ跡やクマ、シミなどを隠したいと考えている人におすすめのコンシーラー。自然な部分的カバーを叶えてくれます。

5位/オルビス スムースマットベース

クリームタイプのオルビス、スムースマットベース。毛穴をしっかりと隠してくれるだけでなく、くすみもカバーしてくれます。

6位/トゥヴェール ミネラルコンシーラー

トゥヴェールのミネラルコンシーラーはスティックタイプ。シリコンや鉱物油など5つの不使用を叶え、肌に優しいコンシーラー。ニキビ跡やシミなどを自然にカバーしてくれます。

7位/マジョリカマジョリカ ゼロリセットスティック

スティックタイプのマジョリカマジョリカのゼロリセットスティックは、付け心地が軽やか。シミやそばかす、手ごわいクマなどもしっかりとカバーしてくれます。

8位/DHC 薬用アクネケアコンシーラー

DHCの薬用アクネケアコンシーラーは、クリームタイプ。ニキビ予防を行いながら、肌の色ムラやニキビ跡をしっかりとカバーしてくれます。

9位/ケイト スティックコンシーラーN

ケイトのスティックコンシーラーNは、スティックタイプ。テクスチャーはなめらかなため、クマやニキビ跡をしっかりとカバーしてくれます。

10位/メディア コンシーラーa

フィット感のあるメディアのコンシーラーaは、目の下のクマ、ニキビ跡、シミやくすみを綺麗にカバーしてくれます。

おわりに

メイクをしていると、それぞれ隠したい部分があるはず。そんな時は、コンシーラーを上手に取り入れることで、目立たなくさせることが出来ます。
悩み別で選ぶコンシーラーを変えていくことで、自然な仕上がりを目指すことが出来ますから、いくつかの種類を揃えておくと便利です。
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事

おすすめ

編集部のおすすめ

特集

乾燥対策やプチプラなど人気のハンドクリームおすすめ記事をまとめました!

カバー力のあるファンデーションなど人気の記事を要チェック!