更新:2017.5.15 作成:2017.5.15

100均綿棒でぶつぶつ毛穴対策!ぐるぐるするだけ角栓ごそ取り小鼻ケア

毛穴ケアをしている人の中には、思った様な効果を実感出来ていない人が多いのではないでしょうか。角栓、毛穴に詰まってしまった汚れは、なかなか綺麗に落ちないもの。そんな時は、100均でも変える綿棒を使ったケアがおすすめです。では、綿棒をぐるぐる動かす、簡単な毛穴ケア方法をご紹介しましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
❤︎ お気に入り
目次
  1. 綿棒を使った角栓ケア
  2. どうして角栓が取れるのか?
  3. 綿棒ケアの魅力
  4. 綿棒ケアの注意点
  5. おわりに

綿棒を使った角栓ケア

毛穴が気になっている人の中には、毛穴に詰まっている汚れを何とかしたいと思っている人が多いでしょう。毛穴には、皮脂汚れや古い角質などがつまっているため、鏡を見るたびにがっかりする人も多いのではないでしょうか。
しかし、毛穴に詰まってしまった汚れは、簡単に取り除くことが出来ません。無理をしてしまえば、肌を傷つけてしまうことになりますから、ケア方法に苦労している人も多いでしょう。
そんな毛穴ケアが、綿棒で簡単に行うことが出来ます。ケア方法も、とても簡単です。

綿棒角栓ケアで準備するものと方法

準備するのは、綿棒とオイルだけ!

まず、綿棒にオイルをたっぷりと染み込ませます。そして、その綿棒を横にした状態で、気になる毛穴をクルクルと撫でていきましょう。

このケアのポイントは、綿棒を横の状態にすることです。横にすることで強い力が加わらない為、肌への刺激を抑えることが出来ます。
その後は、オイルをしっかりと落とすように洗顔をします。洗い流す際には、最後に冷たい水ですすぐこと。冷たい水ですすぐことで、毛穴をギュっと引き締める効果を得ることが出来ます。洗顔後は、保湿ケアを忘れずに行いましょう。

角栓ケアの効果を上げるには?

より効果を高めたい人は、ケア前にスチーマーや蒸しタオルを使って、毛穴を開いた状態からはじめると良いでしょう。

おすすめスチーマー

どうして角栓が取れるのか?

オイルと綿棒だけで、毛穴汚れ落とせると聞くと、どうしてそんな効果があるのか不思議に思われる人も多いでしょう。
実は、このケア方法はオイルを用いることで、毛穴に詰まってしまっている汚れなどを溶かし、肌の外へと出してくれる効果があります。

オイルというと、どういったオイルを選んだら良いのか迷われる人が多いと思いますが、出来るだけ皮脂に近い種類のオイルを選ぶと良いでしょう。
オリーブオイルや椿油、米糠オイルなどの植物性オイルであれば、安定した品質となりますから、肌への負担なども少なく、安心して用いることが出来るでしょう。

綿棒ケアの魅力

毛穴トラブルを抱えている人の中には、色素沈着が起こり、黒くなってしまっている人もいるでしょう。毛穴が詰まってしまっていることで、ニキビ肌に悩んでいる人もいるでしょう。
そんな人にとっても、綿棒ケアはとてもおすすめです。綿棒ケアの魅力は、何よりも肌への刺激を抑えながらも、毛穴に詰まってしまった汚れをしっかりと取り除くことが出来ることです。今では、毛穴ケア用のパックなども販売されていますが、肌への刺激が気になってしまう人が多いでしょう。特に、肌が弱い人の場合には、パックが逆に刺激となり、トラブル肌を招いてしまうこともありますから、毛穴ケアがしたくても出来ずにいる人もいます。
その点、綿棒ケアであれば、安心してケアすることが出来ます。角栓などは、なかなか落としにくいですが、綿棒ケアであれば様々なタイプの角栓も解消することが出来るでしょう。
また、綿棒ケアの魅力は、何よりも費用を抑えて本格的な毛穴ケアが出来ることです。綿棒はダイソーやセリア、キャンドゥなどの100均で購入できますしオイルも、決して高額なものではありません。コスパを考えると、専用のパックを購入するよりもかなり費用を抑えることが出来ます。一度購入すれば、数か月使えますから、お財布にも肌にも優しいケアと言えるでしょう。

綿棒ケアの注意点

綿棒ケアを行う際には、どういったオイルを選ぶかも重要です。肌に負担がかかってしまえば、せっかくの毛穴ケアも逆効果となってしまいますから、肌に刺激の少ないものを選ぶ様にしましょう。オイルを選ぶ際には、不純物が入っていないものから選ぶことがおすすめです。エキストラバージンオイル、オーガニックオイルであれば、安心して使用することが出来るでしょう。
 

ケア時の注意1 力を入れすぎないように注意

また、ケアの際に力を入れ過ぎない事も大切です。毛穴の汚れが気になると、効果を出したいとついつい力が入ってしまいますから、力を抜いて、優しく綿棒をころころと動かしましょう。

ケア時の注意2 頻度に注意

そして、ケアの頻度も注意が必要です。週に何度もケアを行ってしまうと、刺激が大きくなってしまいます。効果を感じられると、ついつい何度もケアをしたくなりますが、回数を増やせば良いという訳ではありません。ケアの頻度が多ければ、それだけ肌への負担が大きくなることになりますから、綿棒でのケアは週に1回から2回を目安とし、普段のケアにプラスするようにしましょう。
せっかく、毛穴を綺麗にしようと思って取り入れているケアですから、肌への負担を考えて、ケアを取り入れるようにしましょう。

おわりに

毛穴の汚れや開き、黒ずみなどが気になっている人はたくさんいます。しかし、自分でケアしようと思っても、なかなか思うような効果を実感出来ない人が多いでしょう。
そんな人は、ぜひ綿棒でのケアを取り入れて、毛穴トラブルを解消しましょう。綿棒ケアであれば、準備も簡単ですし、何よりお金をかけずに本格毛穴ケアが出来ます。
毛穴に悩みを抱えている人は、この綿棒ケアで悩みを解消してみませんか。
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事

おすすめ

編集部のおすすめ

特集

乾燥対策やプチプラなど人気のハンドクリームおすすめ記事をまとめました!

カバー力のあるファンデーションなど人気の記事を要チェック!