更新:2018.2.2 作成:2016.12.8

ヨガ初心者必見!ヨガの効果とあなたにあったヨガの選び方♪

近年、世界中どこに行ってもジムにヨガクラスがあり、ヨガ専門スタジオなどヨガは私たちにとってとても身近なものになり、エクササイズとしても人気が高いですよね♪今回は、これからヨガを始めようと思っている人必見!ヨガに秘められた効果と種類について解説していきます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
❤︎ お気に入り
目次
  1. ヨガに秘められた効果
  2. ヨガの種類
  3. ヨガで心も体も綺麗に

ヨガに秘められた効果

ヨガと聞くと、なんとなく健康そうなイメージがありますよね?最近ではダイエットの為にヨガをする人も増えてきていますが、ヨガはダイエット以外にも期待出来る効果が沢山あります!では具体的にヨガは私たちの体にどのような影響を与えてくれるのでしょう。

1. ストレスの軽減

私たちは、常に仕事や人間関係などいろいろなストレスと戦っています。しかし、決して避けることはできません。中にはストレスが原因で体に不調が出る人などもいます。

ヨガには中枢神経や免疫システムを強くする働きがあります。中枢神経や免疫システムは体がストレスと戦う上で重要な機能を担っています。なので、ヨガをする事でストレスに強い体作りが期待できるでしょう!

さらにヨガと合わせてウォーキングや瞑想などを合わせて行うとさらに高い効果が期待できます♪

2. 不眠症の改善

近年、不眠症に悩まされる人が増えており、睡眠薬を使用しないと眠りにつけないという方もいます。ヨガはその代わりになり、副作用のない一番体に良い睡眠薬となるでしょう。

アメリカの研究では、一週間いに4〜8回のヨガを行うと睡眠の時間、質などを改善するという結果が出ています。さらに慢性的な不眠症の治療としても使われているそうです。

ストレスと睡眠には強い関係性があり、もし現在中々寝付けないなと感じていたら、それは体があなたにストレスが溜まりすぎてますよと教えている重要なサインかもしれません。

夜になかなか寝付けない時に寝ようとするのは結構難しいですよね。そんな時は30分ほどリラクゼーションとしてヨガをするのもいいでしょう。

3. 柔軟性を高める

2016年のインターナショナル・ジャーナル・オブ・ヨガの研究ではヨガを習慣化する事で体の柔軟性が高まりさらに、アスリート達のパフォーマンス力も上がるという結果が出ています。ヨガには体の柔軟性を高めてくれるポーズが沢山存在しています。

さらに、腰の柔軟性を高めて、腰筋の動きをスムーズにすることで、腰痛や姿勢の改善などにもつながります。

筋肉を鍛えることも重要なのですが、柔軟性も一緒に高める事で見た目だけではなく、質の良い筋肉を増やすことができるでしょう。

4. バランス力を高め、転倒を防ぐ

ヨガというとエクササイズというイメージが強いかと思いますが、ヨガは歳をとった後も是非続けてほしいエクササイズの一つです。

歳をとると筋肉量、骨量、バランス力などの低下で生活に様々な支障をきたし、転倒の危険性もあります。ヨガにはバランス力を養うポーズが沢山あります。ヨガを習慣化することによって今だけでなく、これからの老後を健康に過ごすためにも大変良い効果が期待できます。

歳をとると運動するということが減ってくると思います。あまり激しい運動ができない方にもヨガはオススメです!ヨガには体への負担が少なく危険性の低いポーズやスタイルもありますので、お年寄りの方にも安心して行えるエクササイズの一つです♪

5. 疲労回復、集中力の向上

過度の疲労は睡眠障害、集中力の低下など私たちの生活に様々な支障をきたします。昼食後や午後などは多少眠気を感じる時はあるかもしれませんが、もし十分な睡眠をとってるにもかかわらず昼間に眠くなってしまう場合は疲れがたまっているのかもしれません。

ヨガは脳の働きを活性させ、集中力やエネルギーの増加につながります。この二つは私たちが日々生きていく上でとても重要なもので、特にデスクワークが中心の生活をしている方は、休憩時間やたった5分でもいいので軽いヨガやストレッチ、メディテーションなどを行うだけでも十分な効果が期待できます。

6. 様々な痛みを軽減

特定のヨガのポーズには首、肩、腰の痛みや、さらに偏頭痛にも効果があります。
アメリカの研究では腰痛もちの患者さんに6ヶ月間ヨガを行わせたところ、腰痛が軽減し、生活がしやすくなったという結果も出ています。

ヨガでは呼吸法を学びますが、沢山酸素を脳に取り入れることで脳も健康になり、身体中に血を巡らせることで様々な痛みを和らげる効果が期待できます。なので、ヨガはナチュラルな鎮痛剤としても知られています。

ヨガの種類

ヨガと言っても沢山種類があり、正しく選ばないと思うような効果が得られなかったり、怪我をする危険性もあります。けど種類が沢山ありすぎてわからないという方も多いですよね。

ここではヨガの種類と特徴を簡単に説明します♪

ハタヨガ

ハタヨガはヨガの元祖として知られており、姿勢(ポーズ)と呼吸法を中心としたスタイルです。
この他にも沢山のスタイルがありますがそれらの多くはハタヨガから来ています。

集中力や自分への意識を高めることができ、それほど激しくないので幅広い人がエクササイズから健康維持までいろいろな目的でハタヨガを取り入れることができます。

ヨガが初めてでどこから手をつけていいかわからない人は、ヨガの元祖ハタヨガから行ってみるのもいいかもしれませんね♪

リラクゼーションとしてのヨガ

陰ヨガ

陰ヨガの特徴は他のスタイルと比べて一つのポーズを長時間ホールドします。
沢山汗をかくというよりは、じわじわとかくでしょう。

座位、仰向け、うつ伏せのポーズが多いです。

筋肉の緊張で硬くなりやすい部分を中心に柔軟性を高め、体も心もリラックスさせてくれます。
なので柔軟性を高めたい方にはオススメです!

ジェントルヨガ・リストラティブヨガ

こちらも一つのポーズを長時間ホールドし、一回のクラスで約4〜6個ほどのポーズで終わります。

さらに、ブロックやブランケットなど様々な道具を使って長時間のポーズを安定させ、心身ともにリラックスした状態を保ち、セラピー効果の高いヨガです。

激しい動きを必要としないので、高齢者や更年期障害、妊婦の方も安心してできます♪



エクササイズとしてのヨガ

ヴィンヤサヨガ

ヴィンヤサヨガはポーズとポーズの間を呼吸法と連動して一連の動きにして繋げて一連の動きになるように行うのが特徴です。

ダイナミックな動きのため、筋肉、柔軟性、集中力を強化し、血液の循環を促進するので発汗効果もあり体のデトックスにも効果があります。

比較的運動量が高いので、エクササイズやダイエットにもオススメです!

アシュタンガヨガ

アシュタンガヨガは最もダイナミックでエネルギッシュなヨガかもしれません。
ヴィンヤサ同様ポーズとポーズを呼吸法と一緒に一連の動きにして行います。

アシュタンガヨガには決められたポーズ順序があるのも特徴的です。

体の内側から熱を出し老廃物を外へ出します。

運動量はヨガの中では大変多い方なので、コアマッスルを鍛えるのにも役立ちますが、もし初めてヨガをされる方はハタヨガを数回受けてからアシュタンガにチャレンジするのもいいかもしれませんね♪

ビクラムヨガ

近年注目されているホットヨガですが、ビクラムヨガはホッとヨガの元祖とも言われています。

他のヨガとの一番の違いは高温、高湿度の室内で行うので大量の汗をかき、デットクス効果が非常に高いことです。

体内が暖かい状態で行うので柔軟性の向上にも期待ができます。

ですが、高温の中で行うのでめまいなどを起こしてしまう人もいます。レッスンの前後にはしっかりと水分補給をすることを心がけましょう。

アイアンガーヨガ

アイアンガーヨガは他のヨガと比べると比較的運動量は少ないですが、正しい姿勢を学ぶことを重視しているので、一つ一つのポーズに細かく向き合えることができます。

様々な道具を使い体に負担をかけないようにサポートします。
なので、正しい姿勢や動きを学べるので、ヨガを詳しく習いたい人や初心者の方にも安心して始められるスタイルです!

ヨガで心も体も綺麗に

このようにヨガにはダイエット効果だけではなく、私たちの体を内面から美しく、健康にし、生活の質を向上させてくれることでしょう。ヨガにも沢山あり、一つ一つ違う特徴があるので、いろんなスタイルを試してみるのも楽しいかもしれませんね♪
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • dncsaki

    アメリカ在住、ピラティスインストラクターの資格を持っています。化学製品を使わない体に優しいナチュ...

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事

おすすめ

編集部のおすすめ

特集

乾燥対策やプチプラなど人気のハンドクリームおすすめ記事をまとめました!

カバー力のあるファンデーションなど人気の記事を要チェック!