更新:2016.12.8 作成:2016.12.8

これからの季節にぴったり♪ホットヨガで温まりながら身体の内側からきれいを目指そう!

寒い季節は運動するのも何かとおっくうになりがち。体温が下がると代謝も落ちてくるので、ダイエットの効果が出ずらいという方も多いのでは?
そこで今回は、暖かい環境で身体を温めながら行う「ホットヨガ」についてまとめてみました!身体の内側からきれいになるポイントをご紹介します♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
❤︎ お気に入り
目次
  1. そもそもホットヨガとは?普通のヨガとどう違うの?
  2. こんなに嬉しい効果がたくさん♪
  3. レッスンを受けるときのポイント
  4. まずは通いやすいスタジオを探してみよう!

そもそもホットヨガとは?普通のヨガとどう違うの?

室内の環境

いまでは様々な場所で見かけるホットヨガスタジオ。スタジオやレッスンにより差はありますが、だいたい室温36~40℃前後、湿度55~65%前後という暖かい環境の中でヨガを行います。この温度・湿度は筋肉の柔軟性を高めるのに最適な温度!身体が硬い方でもレッスンを楽しみながら、無理なく身体をほぐしていけます。
また、著名人やモデルに注目されたきっかけは多様な効果!ダイエットや体質改善、デトックス、むくみ・冷え症の緩和など、女性ならではの悩みにアプローチできます。

スタジオの種類

ヒーターや加湿器で環境を整えるスタジオが多く、ほかには岩盤を使ってじんわり温める「岩盤ヨガ」、溶岩を使って空気中のミネラルを増やしていく「溶岩ヨガ」なども増えてきました。また、ヒーターだけでなく床暖房を使ったりイオンが含まれるスチームを使ったりと、スタジオごとに独自の工夫がされています。まずは近所のスタジオがどんなタイプなのか確認してみましょう。

こんなに嬉しい効果がたくさん♪

ダイエット

多温多湿の環境で行うホットヨガは、通常の室温で行うヨガよりも発汗量や運動量が上がるため、ダイエット効果が見込めます。
また、定期的に通っていくことで、汗をかきやすい体質に改善され健康的な筋肉もつけられるので、基礎代謝も上がっていきどんどん痩せやすい身体に変わっていきます。

デトックス・むくみ解消

夜になるとふくらはぎがパンパンになるのが悩みという女性も多いですよね。
むくみの原因は、体内にある余分な水分。女性は男性に比べ筋肉が少ない分、体内に水分がたまりやすくなっています。適度な運動でリンパや血行の流れを良くして、老廃物の排出やむくみ解消へとつながります。

冷え症改善

むくみとも密接な関係がある冷え症。体内の水分量が多いとその分身体が冷えやすくなり、冷えることで血流・リンパの流れが悪くなり、さらにむくみ冷えやすくなる…という悪循環を繰り返していきます。
ヨガのポーズを取りながら身体を動かしていくことで手足の末端まで血行が良くなり、普段なかなか取りずらいむくみもとれることで冷え症の改善に効果的です。

美肌効果

ホットヨガでは汗をたくさんかくので、その分お水もたくさん飲んでいきます。
体内の水分と新鮮な水分を交換して毒素を排出していくので、肌細胞の水分がよりきれいになっていきます。また、体内の循環が良くなることで角質の再生サイクルも早くなり美肌効果が期待できます。

肩こり・腰痛改善

長時間同じ姿勢でいることで起こる肩こりや腰痛。ヨガのレッスンでポーズを取っていくことで普段固まりがちな筋肉をほぐし、身体をまんべんなく動かしていきます。また、だいたいのレッスンでは全身を使っていくので、身体の歪みを改善し、肩・腰周りの不調の解消へつながります。

レッスンを受けるときのポイント

お水はこまめに取りましょう

発汗量が多く脱水症状になりやすいので、「少しのどが渇いたな」というくらいでもどんどんお水を飲んでいきましょう。また汗をかくことで塩分も排出されていくので、塩分を少し補給するのも効果的。お茶やスポーツドリンクを飲んでいる方もいますが、お茶には利尿作用があるものもあり体内の水分が余計に外に出ていくため選ぶならノンカフェインを。スポーツドリンクは糖分が多いので、もし飲みたい方は少し薄めて飲むと良いでしょう。

前後2~3時間は食事を控える

ヨガのポーズでは前にかがんだり身体をねじる動作もあり、レッスン前に食事を取ると消化の邪魔をしかねません。空腹時のほうが体内の脂肪が燃えやすく、ダイエット効果も見込めます。また、レッスン後は血流が良くなっており栄養を吸収しやすい状態にあるので、少なくとも終了後1時間、できれば2~3時間は食事を控えたほうが良いでしょう。

呼吸に意識を

ヨガの特徴の1つに、呼吸と動きを連動させていくことがあります。普段忙しい社会人の方などは、特に呼吸が浅くなりがち。呼吸を意識的に行い使い分けていくことで、体内の活性化(胸式呼吸)やリラックス効果(腹式呼吸)が得られます。最初は主に腹式呼吸と胸式呼吸を使いますが、ほかにも流派によって様々な呼吸法があります。気になる方はチェックしてくださいね。

まずは通いやすいスタジオを探してみよう!

だいたいのスタジオでは体験レッスンが用意されています。レッスンごとに運動量やテーマが設定されているので、続けられるか不安な方は運動量が少ないレッスンから始めていきましょう。身体が暑さに慣れるまで個人差があるので、自分の体調に合わせて無理のない範囲で参加するのがおすすめです。

これからますます冬本番に突入していきます。ホットヨガで温まりながら、快適なヨガライフを過ごしましょう!
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • Canacom

    ヨガインストラクターとして働く傍ら、ライター・デザイナーとしての経験を活かして活動中。女性の美と...

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事

おすすめ

編集部のおすすめ

特集

乾燥対策やプチプラなど人気のハンドクリームおすすめ記事をまとめました!

カバー力のあるファンデーションなど人気の記事を要チェック!