更新:2016.11.21 作成:2016.11.21

好感度を上げたい!爽やかメンズメイクの始め方

メイクというと女性のものという印象がありますが、最近は男性のメイクにも注目が集まっています。でも、男性のメイクなんてなかなかイメージしにくいですよね。今回は女性ウケも抜群の爽やかメンズメイクに注目です!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
❤︎ お気に入り

自信のなさを解決!メンズメイク

女性にコンプレックスがあるように男性にも容姿のコンプレックスはあるもの。マナーとしてメイクをすることでコンプレックスを隠せる女性と違って、男性はなかなかコンプレックスのカバーができません。

しかし、最近ではコンプレックスを解消し、爽やかな印象を与えるメンズメイクが注目を集めています。コンプレックスを解消すれば、自分に自信を持って堂々とした態度をとることができますから、仕事をする点でも有利ですよね!?

男性メイクはあり?なし?

男性がメイクを始める際に心配なのはメンズメイクはあり?なし?という周りの視線。ジェンダーフリーの時代とはいえ、まだまだ日本国内では男性がメイクをすることに対する偏見ってありますよね。

でも、メンズメイクは「髭を剃る」「鼻毛を切る」といった、毎日の身だしなみの延長線上にあるもの。ナチュラルに仕上げながら、印象をアップさせるものであって、女性のメイクやビジュアル系メイクのようにいかにも「メイクしました」という仕上がりではないんです。

仕上がりも女性に寄せるというのではなく、あくまでも男らしくみせるものですから不自然さのないナチュラルな印象ですよ♪

基礎化粧品は使って損なし!

メイクに抵抗があるという男性にお勧めしたいのがまずは「基礎化粧品」の使用。女性であれば、洗顔1つとっても気を使うものですが、男性の多くは石鹸や水で洗うだけということも少なくないようです。

男性用の基礎化粧品を使いってお肌のケアをするだけで、顔色はワントーン明るくなり、毛穴のキメが整ってニキビや肌荒れを防ぐことができますよ。女性はお肌の状態もさりげなくチェックしているものですから、キメの整ったお肌をしていると、それだけで好感度アップです♡

基本の洗顔でさっぱり

体内から分泌される皮脂や汗、古い角質のほか、外部の埃や細菌などで思った以上に顔は汚れているものです。汚れを落とすためには洗顔が欠かせませんが、男性は水や石鹸でゴシゴシ洗うという方が少なくないようです。

髪にはシャンプー、手にはハンドソープ、体にボディーソープがあるように、顔を洗うためには、顔の汚れを落とすのに適した洗顔料をつかうことが一番。洗顔料を使うことで、顔に残しておきたい皮脂を残しながら、不要な汚れをすべてすっきり取り除くことができますよ。

「顔を洗う時には必ず洗顔料を使う!」スキンケアの基本として、まずはこれをしっかり徹底してくださいね。

たっぷり潤す化粧水

メンズメイクの理解が少しづつ広がるにつれて、男性用の基礎化粧品も充実してきました。

洗顔料で顔を洗った後には化粧水での保湿を忘れないようにしたいですね。化粧水は大きく分けてしっとりタイプとさっぱりタイプがあるので、お肌の状態に合わせて選びましょう。

男性でも、油分が少なくお肌が乾燥気味という方は、男性用の基礎化粧品では潤いが足りないことも。もししっとりタイプを使ってもお肌がつっぱったり、潤いの不足を感じる時には、女性用基礎化粧品を使うとお肌の潤いがアップしますよ。

保湿をキープする乳液

化粧水で肌を潤した後は、お肌から水分が蒸発してしまわないよう乳液でフタをしましょう。メンズ用基礎化粧品のラインでは「BALM」という表現を使っていることが多いですが、役割としては女性用の乳液と同じもの。

メンズラインのBALMを使うこともできますが、安価に入手できる女性用の乳液を使っても良いですね。最近の女性用乳液にはパッケージがシンプルなものも多いので、男性でも手に取りやすくなっていますから、ぜひドラッグストアで探してみてくださいね。

好感度を上げるメンズメイク

基礎化粧品をしっかり使ってお肌の状態が整えば、それだけで女性受けは良くなりますが、さらにメイクでイメチェンしたいという方はパーツごとのメイクから始めてみましょう。

さりげなく手を加えるだけでも全体の印象は格段に上がりますし、コンプレックスカバーとしてもとっても優秀ですよ。

印象を変える眉メイク

おしゃれな男性は、髭や鼻毛のお手入れの一環として眉のお手入れもしている方多いようです。眉毛は顔の印象の7割を決めると言われていますから、伸び放題の眉毛をカットし、形を整えるだけでも、顔の印象は引き締まります。

さらに、バランスを整えるために眉の基本ラインからはみ出た毛を剃ったり、薄い部分に毛を書きたして男性らしいキリッとした眉毛を作るなら顔全体の印象が引き締まります。

ペンシルで書いた後にブラシでぼかすことで、いかにも書いた眉を避け、ナチュラルな眉に仕上げることができますよ。

目力アップのアイライン

目の小ささや目力のなさがコンプレックスという人は、アイラインを引くことで目を大きく、目力を強く見せることができます。

基本のアイラインの引き方は女性のアイメイクと同じですが、眉毛の間を埋めるように細めに引くことと目尻を伸ばしすぎないことがポイントです。真っ黒よりも肌馴染みの良いブラウンやダークブラウンを使うことで不自然さをカバーできますよ。

コンプレックスを隠すコンシーラー

「痘痕もエクボ」とはいうものの、ティーンエイジャーの頃のニキビ跡がコンプレックスという男性は少なくありません。コンシーラーならファンデーションだけでは隠せないニキビやシミ、クマなどを隠すことができます。

ナチュラルメイクにしたい時には、ファンデーションを使わず、コンシーラーだけを使ってもニキビ跡をカバーしてくれますよ。

顔色を変えるカラーコントロール

血色の悪い顔、赤ら顔など、顔色にコンプレックスがあるという方は色付きの化粧下地を使うと○。赤みの強い顔には緑、黄色味の強い顔にはピンク、血色の悪い顔にはナチュラルカラーと顔色に合わせて使いましょう。

ナチュラルに仕上げるためには色づきがわからない程度の少量をほんのり使ってくださいね。カラーコントロールまで使いこなせたなら、もうメイク上級者。きっと自分に自信が持ててるはずです♪

化粧水感覚で使えるメンズファンデーション

ファンデーションを使えば、お肌のくすみをカバーできます。男性にはしっかりカバーできて自然な仕上がりのリキッドタイプがオススメ。肌の地色に近い色を使うことでメイクの不自然さを隠せます。

メイクに慣れないうちはファンデーションはのっぺり顏の元。基礎化粧品で肌の状態が整い、ポイントメイクに慣れてから導入すると自然な感じが出ますよ。

メイクをしたらクレンジングを忘れずに♪

メイクはしっかり肌に密着してくれる分、普段の洗顔料ではOFFできません。お肌がキレイでないと、基礎化粧品の浸透効果も低下してしまいますから、メイクをした時には必ずクレンジング剤を使っての洗顔をプラスしてくださいね。

男性だってメイクで魅力的に♡

メンズメイクアイテムも充実してきましたね。

基礎化粧品の使用や眉メイクなら抵抗感なくできるという方もきっと多いはず。ぜひいつものお手入れに1手間加え、もっと魅力的になって女性を悩殺してくださいね♡

この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • songjing

    毎日をもっと楽しく健康に♡

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事

おすすめ

編集部のおすすめ

特集

乾燥対策やプチプラなど人気のハンドクリームおすすめ記事をまとめました!

カバー力のあるファンデーションなど人気の記事を要チェック!