更新:2017.8.9 作成:2017.8.9

うっかり太りを防ごう!食べ過ぎてしまった次の日対策

ダイエット中なのについつい食べ過ぎてしまったという経験をした方は少なくないはず。そんな食べ過ぎを放置しているといつの間にリバウンドしているなんてことも!そんなうっかり太りを防ぐためには食べ過ぎ翌日の対策が必須です。今回は、そんな食べ過ぎをなかったことにする翌日対策をご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
❤︎ お気に入り
目次
  1. あっ、ダイエット中なのに食べ過ぎちゃった!
  2. 昨日の食べ過ぎをなかったことに
  3. まちがった食べ過ぎ対策が広まってる?
  4. 食べ過ぎる前に食べ過ぎ対策
  5. 忘年会シーズンもうっかり太り防止

あっ、ダイエット中なのに食べ過ぎちゃった!

ダイエット中なのに誘いにのってディナーや飲み会に出かけてしまい、ついつい食べ過ぎてしまったという後悔をされた方は多いはず。そんな食べ過ぎを放置しているといつの間にリバウンドしているなんてことにもなりかねません!

昨日の食べ過ぎをなかったことに

でも、ダイエット中だからって食事の誘いを全部断るなんてできませんし、美味しい食事を前にして我慢なんてできませんよね!

もし食べすぎちゃっても、なかったことにできれば最高ですよね!?

まちがった食べ過ぎ対策が広まってる?

そんな女性の願いを叶える食べ過ぎ翌日のリセット法はいろいろありますが、中には間違った方法もあるようです。さらに食べ過ぎに関する間違ったウワサも巷にはあふれていますから正しい情報と間違った情報を取捨選択するのはとっても大切ですね。

まずは間違った食べ過ぎ対策について確認してみましょう♪

× 翌日体重が増えてなければ大丈夫

食べ過ぎた翌日の体重で一喜一憂していらっしゃいますか?

翌日に体重が増えていなければいつも取りでOKと思っている方も多いようですが、食物は摂取した翌朝までに脂肪になるわけではありません。食べてから脂肪に変わるまでには48時間程度かかり、そのタイムリミットまでは糖質や脂肪は肝臓に蓄えられた状態です。

何も対策をしていなければ脂肪として蓄えられる量が増え、結果的にぜい肉となってしまいますよ。食べ過ぎた翌日対策は忘れずに行いましょう。

× 体重が増えちゃったからもうダイエットは無駄

ダイエット中に食べ過ぎて体重が増えるとショックも大きいものですよね!でも、それでダイエットを諦めてしまうのはもったいありません。

前述の通り、食物が脂肪として蓄えられるまでに48時間ありますから、その間に効率よく燃焼させて脂肪の蓄積をおさえましょう。

× 翌日の食事を抜いてカロリー調整

一番よくある勘違いがこの絶食によるカロリー調整です。

食べ過ぎたカロリーの帳尻を合わせるのだから、食べ過ぎ対策としてとても有効そうですが、絶食することで体が飢餓状態になってしまい、血糖値の急上昇の原因になってしまいます。さらに、絶食時の空腹が原因でその後の食事量が増えたり栄養分の過剰九州の原因にもなってしまいます。

やっぱり規則正しい食習慣は健康のためにもダイエットのためにも必須なんですね。

× 代謝を上げるために激しい運動をする

カロリーを多く摂取してしまったからと激しい運動で燃焼させるというのもよく聞く話ですが、これは必ずしも正しい方法ではありません。

普段からジョギングを習慣にしている人がいつもより多めに走る程度であれば効果的ですが、運動不足の人が食べ過ぎ対策として行うには運動量が多くなりすぎます。激しい運動で気分が悪くなることもありますし、さらに食べ過ぎ翌日に行うには継続意欲が削がれてしまいますよね。

× 吐き戻してリセット

食事中の方、失礼します。

もっとも悪い方法がこれ、吐き戻しです。 吐しゃ物には消化能力の高い胃液が含まれていますからおり、口や喉、食道を傷つけてしまいます。さらにそれを繰り返すことで摂食障害に陥ってしまうことすらあるんです。

正しい食べ過ぎ翌日対策!

間違った方法が確認できたところで、今度は正しい食べ過ぎリセット法を確認しましょう♡

○ いつもより多めの水分補給

食べ過ぎた次の日には水分を多めに摂取して血液をサラサラにしてあげましょう。血液がサラサラの状態だと消化が促進されて、代謝もアップ。老廃物の除去もスムーズに行わますから前日の食べ過ぎをリセットできますね。

補給する水分はコーヒーや紅茶などのカフェインを含むものや冷たいものは避け、常温のお水や白湯、ハーブティーなどにすることでさらに代謝をアップできますよ♪

○ 少量づつ3食をバランスよく摂取

食べ過ぎた日の翌日もできる限り3食を食べることを習慣にしましょう。とは言っても、いつも通りの食事をしていては食べ過ぎリセットにはなりませんね。1食を1/3量程度にし、3食をバランスよく食べることで、カロリーを抑えながらも日常生活に必要なエネルギーを充分に補充することができます。

○ 代謝を促す食品を摂取

翌日の食事は何を食べるかも大切です。もちろん前日の食べ過ぎをリセットするからには代謝を上げる食品が理想的ですよね。

糖質の代謝を上げるビタミンB1、脂質の代謝を上げるビタミンB2、たんぱく質の代謝を上げるビタミンB6、そして体内の塩分・水分を排出するのに役立つカリウムを多く含む食材を摂取しましょう。

【ビタミンB1を多く含む食品】
*豚肉 * 玄米 *たらこ *うなぎ *豆類 等

【ビタミンB2を多く含む食品】
*納豆 *牛乳 *卵 *レバー *うなぎ 等

【ビタミンB6を多く含む食品】
*マグロ *カツオ *サケ *サンマ *イワシ *アジなどの魚類
*とりのささ身 等

【カリウムを多く含む食品】
*納豆 *わかめ *芋類 *アボカド *大豆 *ほうれん草 *にんじん
*パイナップル *キウイ *グレープフルーツ 等

○ 有酸素運動で代謝アップ

日頃運動を習慣にしていない人には代謝アップのための有酸素運動が食べ過ぎリセットに効果的です。

特別に何かするよりも、1駅前で降りて歩く、エスカレーター・エレベータを使用せず階段で移動するといった簡単にできるところからチャレンジしましょう。さらに余裕があればウォーキングを行ったり、消化を促進するヨガポーズで代謝を高めましょう。

○ 消化促進のツボ押しに挑戦

なんと、食べ過ぎた日に効果のあるツボなんてものもあるんです。
動画を参考に耳のツボを刺激して消化を促進しましょう。

食べ過ぎる前に食べ過ぎ対策

食前のきな粉牛乳

ついつい食べ過ぎた時にはリセットも良いですが、そもそもダイエット中は食べ過ぎを防ぎたいものですね。

きな粉ミルクはお腹の中で膨らむので食前に飲んでおくと食べ過ぎを防ぐのにとっても効果的です♡

飲酒前のカフェオレ

お酒の席ではアルコールによって満腹感を感じる脳の機能が低下するので食べ過ぎてしまうもの。飲酒前にカフェオレを飲んでおくとアルコールの吸収を抑え、食べ過ぎを防ぐことができますよ♪

忘年会シーズンもうっかり太り防止

11月に入ると忘年会の予定も着々と決まりますよね。ダイエット中でも楽しく宴に参加できるように正しい食べ過ぎリセット法をしっかり覚えておいてくださいね♡

この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • songjing

    毎日をもっと楽しく健康に♡

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事

おすすめ

編集部のおすすめ

特集

乾燥対策やプチプラなど人気のハンドクリームおすすめ記事をまとめました!

カバー力のあるファンデーションなど人気の記事を要チェック!