更新:2016.10.20 作成:2016.10.20

風疹ワクチン済んでますか?先天性風疹症候群を防ぐ予防接種!

"先天性風疹症候群"って聞いたことありますか?女性であれば覚えておきたいこの障害は、妊婦さんが風疹に罹ることがことのはじめ。病気の怖さを知って、妊娠前のワクチン接種を心がけましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
❤︎ お気に入り

今、先天性風疹症候群が増えている!?

”先天性風疹症候群”という言葉を聞いたことがありますか?

2013年ごろから、妊婦の風疹罹患率が高まりメディアでも取り上げられること増えたので耳したことがある方も多いのではないでしょうか。

2013年に風疹が流行したために注目を集めた先天性風疹症候群ですが、残念ながらそれ以降も妊婦への風疹の罹患は続いているようです。国内での風疹の流行が終息しつつあっても、海外旅行で罹患して発症するケースも多いそうですから油断はできませんね。

先天性風疹症候群とは?

1. 妊娠初期にママが感染

妊娠初期、1ヶ月〜4ヶ月頃に免疫のないママが風疹にかかると、お腹の赤ちゃんにもウイルスが感染してしまいます。

妊娠初期は、体内で赤ちゃんの基本的な機能が作られている大切な時ですから、この時期に風疹ウイルスに感染することにより先天性風疹症候群と呼ばれる障害を引き起こします。

2. 先天性風疹症候群の三大症状

①先天性白内障

紫外線の影響で高齢者に多いイメージのある白内障が生まれた時から発症している状態が先天性白内障です。水晶体が白く濁り、視力が非常に低下した状態です。

医学の進歩により白内相は手術による治療が可能になり、眼球の濁った一部を取り除いたり、人口水晶体を使用することで視力の回復を図ります。

②難聴

難聴の中でも感音性難聴と呼ばれる難聴で、音がこもってしまい、音の中から言葉を聞き分けることが困難と言われています。

補聴器を乳幼児期から使用することで、早期リハビリテーションを行って聞こえの訓練を行います。最近では乳幼児でも使用可能な人工内耳が開発され、人工内耳での聞こえ方での訓練を行うことも多いようです。

③心奇形

心臓の形、構造が通常とは違う異なることを心奇形と呼んでいます。心臓は全身に酸素を送り、細胞を活動させるエンジンのような働きをしていますから、心臓に異常があらわれると全身の健康にも影響を与えてしまいます。

成長とともに手術可能になり治療ができることもありますが、体の成長に心臓が耐えられなくなり、成人を迎えられずに亡くなる方もいらっしゃいます。

3. その他の症状

体内でウイルスに感染した赤ちゃんは成長が未熟な状態で生まれることが多く、2000g程度の低体重で生まれることも多いようです。体力・免疫も低いため風邪をひきやすく重症化しやすいというリスクもあります。

さらに血小板が少なく、体に紫斑がみられる血小板減少性紫斑病や、赤血球の生産ができない溶血性貧血などの血液の病気も発症するリスクが高いといわれています。

インフルエンザを上回る強い感染力!

風疹のウイルスはインフルエンザと同じ飛沫感染ですが、インフルエンザを上回る強い感染力を持っています。

さらにウイルスの感染から発症までに2〜3週かんの潜伏期間があるため、感染に気付かずに妊婦さんと接触してうつしてしまうということもあるようです。

予防接種の空白地帯!パパ・ママの感染に要注意

免疫があれば対策が可能な障害だけに、風疹ウイルスの感染防止には何をおいてもワクチンの接種が重要です!!

国の政策としても風疹ワクチンの接種を推奨していますが、そのワクチン接種状況は生まれた年によって異なります。

自分のワクチン摂取状況をチェックして、風疹感染を予防しましょう。

*〜昭和54年4/1生
これ以前に生まれた女性は学校での集団予防接種をしていたため、ほとんどの人が免疫抗体を持っているといわれています。女性だけを対象にした予防接種ですので、男性のほとんどが抗体を持っていません。

*昭和54年4/2〜昭和62年10/1生
学校での集団予防接種が終了し、中学生の時に個別で予防接種に行く年代です。勉強に部活に忙しい時期での予防接種でしたので、この世代は男女ともに抗体を持っていない方が多いようです。今まさにママになる方のボリュームゾーンが該当していますから要注意です!!

*昭和62年10/2〜平成2年4/1生
小学校入学前に予防接種を受ける世代なので、これ以前の世代に比べると抗体を持っている可能性は高いでしょう。でも、風疹にかかったと思っていても実は麻疹だったりと、誤った認識をしている可能性もあるので、やはり注意は必要です。

抗体検査&予防接種で風疹感染予防

昔のことで、何の予防接種をしたのか記憶がないという方、まずは母子手帳をチェックしてみましょう。親御さんの多くは成長の記録として保管していることが多く、ワクチンの接種記録も残っていますよ。

母子手帳が見つからない方は医療機関で血液検査にて抗体のチェックをしましょう。1週間ほどで結果がわかるので、妊娠を希望するときには必ず風疹抗体の有無をチェックしてくださいね。

大嫌いだった予防接種!でも、予防接種で救える命がある

子どもの頃はどんな注射も嫌いなものですね。でも、その予防接種を嫌がったために、自分の子どもに重篤な障害が出たり、命を失ったりという悲しい出来事は起きて欲しくありません。

ワクチン1本で防げる先天性風疹症候群。子どもの命を救うためにも、パパ・ママ、力を合わせて風疹予防に取り組みたいですね。

この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • songjing

    毎日をもっと楽しく健康に♡

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事

おすすめ

編集部のおすすめ

特集

乾燥対策やプチプラなど人気のハンドクリームおすすめ記事をまとめました!

カバー力のあるファンデーションなど人気の記事を要チェック!