更新:2017.8.22 作成:2017.8.22

女性の半数が悩んでる!?つらいむくみを解消しよう

朝は入ったパンプスが夕方にはパンパンで足が痛む。そんな経験をしていらっしゃる方は少なくないようです。女性の約半数がむくみに悩んでいるという報告もあります。辛いむくみ、一刻も早くどうにかしたいものですね。今回は、むくみの原因と対策まとめてみました♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
❤︎ お気に入り
目次
  1. 仕事終わりは足がむくみでパンパン
  2. むくみの原因と対策
  3. むくみ対策で、仕事終わりもアクティブに♡

仕事終わりは足がむくみでパンパン

朝は快調に歩みを進めることができたのに、夕方になるにつれて足が重くむくんでくるという方は多いようです。なんと30代〜40代の女性の46%が悩んでいるとのアンケート結果もあるようです。

そんな辛いむくみ、一刻も早く解消したいものですね。むくみの原因から対処方法を考えましょう。

むくみの原因と対策

原因1. 冷え

夏でも手先、足先が冷たいという女性は以外と多いものですね。体の冷えは、全身の血行を悪化させ、肩こりや腰痛の要因ともなっていますが、むくみにも影響を与えています。

冷えによって末梢血管が縮みあがり、足先の毛細血管をとった血液循環ができなくなります。その結果、老廃物や血液が脚、特に膝から足の甲までにたまってしまい、むくみが起きています。

対策1. 足浴・マッサージで冷え性対策

冷えのせいで末梢血管が狭くなっているのであれば、逆に温めれば血管が広がり、血液循環が回復するということですね。

むくんだ脚に足湯はぴったり。リラックス効果のあるアロマオイルを2〜3滴垂らして足湯に浸かれば、仕事の疲れもスッキリ取り除けそうですね。さらに足湯で温まった足先をマッサージすることで血行を促進しちゃいましょう♡

原因2. 塩分の取りすぎ

塩分を摂りすぎると、体内の塩分濃度が高くなってしまい、それをカバーするために体が水分を溜め込み始めます。本来は不要な塩分が蓄えられるため、むくみとして症状が現れるようになるようです。

コンビニ弁当やレストランはしっかり目の味付けが多いものです。濃い味に慣れてしまうと味が濃いとは感じなくなってしまうため、外食が続いていると、いつもより多めの塩分にさらされている可能性が高いので、要注意です♪

対策2. カリウム+水分で塩分排出

塩分のせいで水分が蓄えられている時には塩分の排出を優先することがベター。カリウムを含む食品を水分と一緒に摂取することで、老廃物として塩分を排出しましょう。

パセリ、ヒジキ、シソ、ニンニク、枝豆、トマトなどがカリウムを多く含む食品です。特にトマトは、塩分を添加していないトマトジュースなどで摂取量を増やせるので特にオススメです。必ず、多めの水分と一緒に摂取してくださいね。

原因3. 運動不足

1週間に1度も運動のための時間を設けていないという女性も多いようですが、運動不足こそ、むくみ最大の原因の1つです。

足の筋肉は体を支えるだけではなく、血液が、重力とは逆に心臓に戻るためのポンプとしての働きも持っています。ポンプの筋肉が弱ってしまうと、流し返している血液よりも流れてくる血液量が多くなってしまうのでむくみが出てしまいます。

対策3. むくみ解消運動でストレッチ&マッサージ

美容のためにも、健康のために運動が必要だということは分かっていても、仕事に家事に大忙しでは、そんな時間はなかなか取れませんね。オフィスにいるときにも簡単にできるむくみ解消ストレッチ&マッサージで少しずつでも筋肉を強化していきましょう♪

原因4. 同じ姿勢で長時間過ごす

デスクワークでも立ち仕事でも、同じ姿勢を保つと冷えと同じように血液循環が滞ってしまい、むくみの原因となってしまいます。

根を詰めて仕事をしていると気づけば4時間〜5時間経過しているということが日常化しているようだと、当然身体には負担をかけてしまっています。

対策4. こまめな休憩にストレッチで対策

1時間に1度、それが難しれば2時間に1度は席を立ったり、座ったりそれまでとは違う姿勢になるようにすると、それだけでむくみ解消効果が得られます。

さらに背伸びをしたり、腕を回したりというストレッチも合わせるとむくみ対策に加えて肩こり・腰痛対策としてもぴったりです。事務所内でやるのが難しい時にはトイレに立った時など、隙間時間の2分〜3分程度で気分を入れ替えれば仕事の効率アップも間違いなしです!

原因5. ホルモンバランスの乱れ

PMS(月経前症候群)で頭痛や腹痛、気分の落ち込みなどと一緒にむくみが現れることも多いようです。排卵後、生理前の期間は妊娠しやすい体をつくる黄体ホルモンが多く分泌されているため、むくみやすくなるそうです。

さらに生理に関係なく、強いストレスなどでホルモンバランスが乱れた時にもむくみが発生することが多いようです。

対策5. 基本的な生活習慣を見直そう

ホルモンバランスを整えるためには規則正しい生活習慣が欠かせません。質の良い睡眠とバランスのとれた食事をとることで、むくみ対策を行いましょう。

さらに女性ホルモンを整える食事もとても効果的。イソフラボンを含む大豆を使った豆腐、納豆、豆乳などヘルシーな食事がむくみが酷い時の食事として理想的です♡

原因6. 内臓疾患

むくみにも一日中むくんでいるという方と朝は平気なのに、夕方酷くなるというという方がいるようです。あなたの症状はどちらでしょうか?

1日中むくんでいる状態が続くというときには、内臓疾患によってもむくみが引き起こされているという可能性があります。多くは肝臓・腎臓などの体内の濾過機能の働きを持つ臓器の異常の表れですが、他の臓器が関係していることもあるようです。

対策6. 症状が慢性化した時には一度受診を!

たかがむくみと侮って内臓にダメージが出てしまってからでは、治療も難しくなってしまいます。一度医療機関を受診して、むくみの原因を検査してもらうと安心ですね。

むくみ対策で、仕事終わりもアクティブに♡

足がむくんでいるとアフター5も楽しめないもの。むくみ対策でスッキリ脚を手に入れて仕事終わりもアクティブに楽しみたいですね♪

この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • songjing

    毎日をもっと楽しく健康に♡

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事

おすすめ

編集部のおすすめ

特集

乾燥対策やプチプラなど人気のハンドクリームおすすめ記事をまとめました!

カバー力のあるファンデーションなど人気の記事を要チェック!