更新:2017.9.26 作成:2017.9.26

秋風邪は喉から!?つらい喉の痛み・咳のためにできること

乾燥が始まる秋風邪は喉の痛み・咳から始まることが多いようです。なんとなく喉がイガイガする、エヘン虫が止まらない。そんな症状が出はじめたら早めの対処で重症化を防ぎましょう♡
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
❤︎ お気に入り
目次
  1. 乾燥の季節は喉を痛めやすい季節
  2. 喉がイガイガ、咳も辛くなる
  3. 【予防】早めの対策で症状悪化の防ぎ方
  4. やっぱり健康が一番♡

乾燥の季節は喉を痛めやすい季節

秋〜冬の乾燥の季節は空気の乾燥と共に喉の潤いも失われます。喉の潤いが失われると、ウイルスや細菌が体外に排出されにくくなるため、喉で細菌が繁殖してしまいます。

喉がイガイガ、咳も辛くなる

喉がイガイガしたり、咳が出たりしても仕事はなかなか休めないものですね。でも、そのまま放っておくと、体力が落ちてインフルエンザにかかったり肺炎になるなど、重症化してしまうことも。

ちょっと「おかしいな?」と思った時からの早めの対策で、症状の重症化を防ぎましょう♡

【予防】早めの対策で症状悪化の防ぎ方

1. うがいで除菌

外から帰ってきた時の手洗い・うがいは予防としてとても有効性が認められていますね。喉がイガイガとあれている時にもうがいをすることで別のウイルスに感染したり、症状が悪化するのを防ぐことができます。

でも、自宅にうがい薬がないという方も大丈夫。コップ一杯の水に一つかみのお塩を入れればイガイガ喉もスッキリします。喉奥まで届くよう「あ〜〜」と声を出しながらうがいしましょう。

緑茶の殺菌力も◎

高い殺菌力が認められている緑茶でのうがいもイガイガ喉に効果的。「カテキン」の殺菌効果で喉の痛みの原因である細菌を殺してくれます。

緑茶は飲用するものですから、うがいが苦手な方や小さなお子さんが間違って飲み込んでしまっても人体に悪影響がない点も嬉しいですね♡

2. 喉粘膜を保湿

喉の粘膜の乾燥によって細菌感染が起きやすくなっているのであれば、保湿によって細菌の増殖を防ぐことができますね。

40%〜60%が快適かつ細菌感染を防ぐ最適湿度。部屋の湿度計をチェックして40%を下回っている時には加湿を心がけましょう。

冬に活躍する加湿器は空気自体を加湿することで喉の保湿を行ってくれます。加湿器がない場合には、緩めに絞ったタオルを室内にかけておくことで湿度アップを心がけましょう。

マスクで加湿&感染予防&飛散防止

風邪=マスクという印象があるでしょうか!?

マスクは喉を加湿し保護する働きがあるため喉がイガイガし始めたら喉に潤いを与えるためにもマスクは効果的です。

さらに、抵抗力が弱っているタイミングでさらに別の細菌やウイルスに感染する事も防ぐことができ、周りの人にウイルス・細菌を撒き散らすのを避ける事もできます。まさに1石3鳥ですね♪

ハーブティーで水分補給

喉がの保湿のためにも水分はいつもより多めに摂りたいもの。特に体を温めるホットドリンクでの水分補給が有効です。

ノンカフェインのハーブティーなら就寝まえに飲むんでも安心。リラックス効果もアップするので体の免疫力を上げることもできますよ。

アロマオイルで蒸気吸入

殺菌効果があるラベンダーやティートリー、去痰、鎮咳効果のあるユーカリやサンダルウッドなどのアロマオイルを使った保湿も効果があります。

やり方はとっても簡単。マグカップに入れたお湯にアロマオイルを2〜3滴落としてその蒸気をゆっくりとした呼吸で吸入するだけです。アロマの良い香りがスーと鼻を通し、喉の痛みや呼吸を楽にしてくれます。

3. 喉を温める

体温が1度上がると免疫力が高まるといわれているように、温めることで細菌もウイルスも増殖しにくくなります。

喉の痛みは喉の細菌増殖が原因ですから、喉の温めが効きそうですね。ホットタオルで喉を温めたり、就寝時にタオルを首に巻いて寝たりするだけでも翌朝の症状が軽くなることが多いようです。

マフラー・スカーフで保温

もちろん外出時にはマフラーやスカーフ、スヌードで喉を温めてあげましょう。

4. 喉の痛みに効果ある食材を取り入れる

はちみつ

喉の痛みに効果のある食材を食事に取り入れるのも効果的です。

のど飴にも使われているはちみつは、栄養価が高い食材ですね。体力や免疫が落ちている風邪のひき始めに取り入れることにより、症状の悪化を防ぐことができます。

はちみつには優れた殺菌効果もあり、直接舐めることで喉に巣食う細菌と戦ってくれます。イガイガ喉の痛みや咳に直接的な効果を発揮する民間薬「はちみつ」ぜひ風邪のひき始めに取り入れてくださいね。

キンカン

はちみつと一緒にのど飴になっていることも多いキンカンはビタミンCやビタミンA、カルシウムが豊富な食材です。

豊富なビタミンCによって粘膜を修復するだけでなく、ビタミンAやカルシウムで免疫を高めてくれます。そのまま食べるのも美味しいですが、酸っぱさが気になるという方は、はちみつ漬けにして食べてみましょう。はちみつ漬けにすることで栄養価と味がアップしますよ♪

生姜

体をポカポカ温めてくれる生姜も、風邪のひき始めに取り入れたい食材の1つです。

痛みの原因である喉の炎症を抑え、殺菌効果を発揮してくれます。熱湯100mLにすりおろし生姜小さじ1を入れた生姜湯や紅茶に生姜を入れたジンジャーティーであれば手軽に取り入れられそうですね。

大根

意外な喉に良い食材が大根です。冬が旬の大根は栄養価も高く、消化を助けてくれるので、体調不良で胃腸の働きが弱っている時には積極的に取り入れたいものですね。

大根の辛味成分であるイソチオシアネートは、喉の炎症を鎮め、殺菌してくれる効果があります。加熱すると効果が低下してしまうため、大根おろしにしたり、角切りにしてはちみつ漬けにするなど生のままでの食べ方がオススメです。

5. 受診も検討

熱がなくても咳・喉の痛みが続くとだんだん体力が低下していくもの。症状が1週間以上続いたり、色のついた痰が出てきたら、受診も検討してみましょう。

やっぱり健康が一番♡

調子を崩すと健康のありがたみを感じますよね。家族みんなが元気に過ごすためにも、早めの風邪対策で健康を取り戻しましょう♪

この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • songjing

    毎日をもっと楽しく健康に♡

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事

おすすめ

編集部のおすすめ

特集

乾燥対策やプチプラなど人気のハンドクリームおすすめ記事をまとめました!

カバー力のあるファンデーションなど人気の記事を要チェック!