更新:2016.10.3 作成:2016.10.3

カジュアルにも個性をプラス。靴紐アレンジで自分流♡

メンズライクなカジュアルファッションが注目の今シーズン。ファッションアイテムにスニーカーを投入予定という方も多いのではないでしょうか。せっかくファッションアイテムとして取り入れるからには、個性を発揮したいもの。靴紐アレンジでアピールしちゃいましょう♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
❤︎ お気に入り

普通のスニーカーじゃ物足りない!

人気のスニーカーを履いていると、街中で被っているのに気づくことがありますよね。流行に近づけているといえば聞こえが良いですが、言い換えれば没個性。自分らしさには欠けちゃいますよね!?

流行のスニーカーでも、靴紐を変えるだけで印象はガラリと変わるもの。普通のスニーカーじゃ物足りないと、付属の靴紐を外してカラーを変えたり、バイカラーにしてみたりと工夫を凝らしている方も多いですね。

靴紐の結び方で私らしさ♡

靴紐のカラーを変えたら、もう一歩自分らしさを表現してみるのはいかがですか?靴紐の結び方をアレンジすれば、人とは違った自分らしさを表現することができますよ♡

靴紐アレンジ10選

1. 結び目隠し

先端の穴に上から紐を通し、片側のみすぐ上の穴に下から通し、真横の穴に上から通します。反対側の紐は2つ上の穴に下から通し、真横の穴に上から通します。さらに反対側を二つ絵の穴に下から通し、真横の穴に上に通すことを続け、最後まで進んだところで形を整えて靴の内側で結びましょう。
結び目が見えない靴結びはとってもシンプルですね。トップスとボトムスにボリュームがあるときには、シューズはこれくらいシンプルだとしっくりきますね。

2. オーバー×アンダー

先端の穴に上から紐の両端を通します。両方の端をすぐ上の穴に下から通し、交差させた状態で次の穴に上から通します。さらにすぐ上の穴に下から通し交差させて上から通すことを繰り返し、最後は同じ穴に互い違いに入れて靴の内部で結びましょう。
通常のスニーカー結びよりも間隔が空いているので、ベロ部分のカラーが引き立ちます。スポーティーでありながら、おしゃれな雰囲気が残るのでボーイズライクなファッションに合わせると素敵ですね♪

3. アンダークロス

靴のベロ部分下に紐を通す形で先端の穴に下から紐を通します。ベロを下ろし、片方を短めにした状態で交差させて一番上の穴に上から通しましょう。長い方の紐をすぐ下の穴に下から通し、真横の穴に上から通します。さらにすぐ下の穴に下から通し、真横の穴に上から通すことを続け、すべての穴を埋めます。通し終わった紐は靴の中で結んで結び目を隠しましょう。
横らいんが目立つ靴紐の裏側にXの靴紐見えることで、スタイリッシュに見せています。ショートパンツやミニスカートと合わせて、靴を主役にするファッションに合いそうですね。

4. センタークロス

真ん中にクロスを集める結び方です一番下の穴に下から両方の紐を通します。交差させて一番上の穴に上から通し、すぐ下の穴に下から通しましょう。さらに交差させて下から2番目の穴に上から通し、すぐ上の穴に下から通し、今度は上から3番目の穴に上から通します。穴がすべて埋まるまで繰り返し、靴の内側で紐を結んで処理すれば完成です。
中央に交点が集まることにより、蝶が羽を広げた可能なデザインになりましたね。同系色の色でも可愛いですが、ビビットカラーの靴紐を選ぶと、さらに靴が引き立ちそうです。

5. バイカラーループバック

ここでは2本の紐を使って結んでいます。それぞれの紐の端を結んだ状態で一番下の穴に下から通します。反対側の紐と絡めて引き、2つ目の穴に上から通します。さらに紐を絡めて3つ目の穴、4つ目の穴と進んでいけば、バイカラーのループバックが完成します。
2色の紐を使うとバイカラーが印象的な仕上がりになりますが、1本の紐を爪先側の穴に下から通して1本使いでループバックにしても問題ありません。交点を引き結ぶ時の位置に気をつけながら結びましょう。

6. ミックスカラークロス

こちらも2色の紐を使用しての結び方です。1本目を爪先に、2本目を次の穴に下から通します。1本目は4つ目の穴に交差させて通し、すぐ下の穴に下から通したら一番上の穴に通しましょう。2本目は5つ目の穴に交差して通して靴の中で留めるだけでOKです。
カラーをミックスすることにより、デザインに遊び心が現れていますね。実用性重視なシンプルなスニーカーも、靴紐のカラーを遊ぶことで、ファッションとしても使えるアイテムに早変わり。ぜひ真似してみたい結び方です♪

7. ジッパー結び

靴先に下から紐を通し、セット済みの紐を下から掬って反対側の穴に上から通します。さらに先ほど通した紐を救って反対側の下から3番目の穴に上から通し、さらに救って反対側に通していきます。反対側の紐も同じように掬いながら通していくと、仕上がりはまるでジッパーのようです。
しっかり留まる結び方ですから、アクティブに活動したい時のアウトドアファッションにぴったりですね。結び方に個性があるので、靴紐カラーは選びません。靴に付属の紐を使ってアレンジしてみましょう。

8. 星型靴紐

片方を短めにして上から結びをスタート。上から2つ目を真横に通し、二つ下の穴に下から出しさらに真横に通します。さらに二つ下穴に出して斜めに交差させて通し、初めの横紐を拾って星の頂点を作ります。
学生に人気の結び方だけあって、少し子どもっぽく感じられるでしょうか。カチッとしたスニーカーを柔らかい雰囲気にするときに使えそうなアレンジですから、覚えておくと便利そうですね。

9. チェッカーボード結び

はじめに1本目を足首側の穴にとおし、下、横、下、横の順に通していきます。次にもう一本の紐で平行に通っている紐に交互に通し、格子模様を作っていきます。何度か往復したところで足首側の穴に通し、蝶結びをして完成です。
2本の紐で、ここまで表現できるのかと驚くほどのデザイン力ですね。紐にねじれがないように詰めて結ぶと美しい格子模様が作れます。靴とのバランスを考えて2色の紐を選び、ぱっと人目を惹く靴を主役にファッションコーディネートをしましょう。

10. ラティス結び

つ先の穴に下から通し、交差した状態で4つ目の穴に通します。すぐ上の穴に通し、交差させて下から2つ目の穴に上から通します。さらに上の穴に通し、交差させて6つ目の穴に通します。次に反対側の紐をすでに通してある紐を縫うように掬い、交差させて4つ目の穴に通します。さらに上の穴に通し、紐を掬いながら交差させた2つ目の穴に通しましょう。交互にやることでラティスのような模様が出来上がります。
靴紐がビビットカラーだと模様が一層引き立ちます。普段と大きくかわった感じはしないのにオシャレに結べるラティス結びはファッションの主役にも、普段使いにも使えそうです。

靴紐結んでどこに行こう!?

靴紐の色や結び方を変えるだけ、同じスニーカーがまるで別物!自分の個性を発揮できる場になりますね。下駄箱にしまってあるスニーカーを見直して、今シーズンのファッションに活用してみてください♪

この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • songjing

    毎日をもっと楽しく健康に♡

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事

おすすめ

編集部のおすすめ

特集

乾燥対策やプチプラなど人気のハンドクリームおすすめ記事をまとめました!

カバー力のあるおすすめのファンデーション関連の人気記事をまとめています!