更新:2017.11.2 作成:2017.11.2

体を歪める悪癖に注意!体の歪みと健康まとめ

自分の体が歪んでいるって意識していますか!?体の歪みが健康に及ぼす影響が広く知られるようになり、歪みを意識する人が増えてきました。でも、残念ながら体を歪める悪癖にまだ気付いていない人も!癖を直して、体の歪みを治しましょう♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
❤︎ お気に入り
目次
  1. あなたの体も歪んでる?
  2. 体の歪みは健康を損なう!?
  3. 骨盤の歪みがもたらす健康への影響
  4. 体の歪みを引き起こす4つの習慣
  5. 健康のためにも悪癖改善!

あなたの体も歪んでる?

知らず知らずのうちに歪んでいる体の歪みの中でも顕著なのが骨盤です。本来の正しい位置から、前傾や後傾、左右にもずれが生じることがあります。

体の歪みは健康を損なう!?

体の歪みは徐々に起こるので、自分では気づきにくいもの。特に骨盤の歪みは、目に見えづらいので意識している人はごくわずかです。

全身のパーツからするとごく小さいパーツに見える骨盤の歪みだけでも様々な悪影響が発生します。さらに美しいボディラインにも影響大。今回は、ひとまず骨盤の歪みがもたらす健康への影響に注目してみましょう!!

骨盤の歪みがもたらす健康への影響

影響1. 血液・リンパ液の流れを阻害

体内を流れる血液やリンパの管は全身を巡っています。通常であればバランスよく体の各部を巡る血液やリンパ液ですが、歪みがあるとその部分で流れが滞ってしまいます。

身体は血液から供給される酸素と栄養分、血液・リンパ液中に分泌されるホルモン物質によって働きますので、血液やリンパ液の流れが滞るということは全身の健康に大きな影響を及ぼします。

影響2. 内臓機能の低下

身体が歪んでいると、内臓も徐々にずれていきます。正しい位置から動いた内臓は、本来の機能を十分に発揮できません。

十分に機能を発揮できないことに加え、前述の通り血流・リンパの流れが滞っていることで、内臓の機能は低下の一途をたどります。消化不良が起き、老廃物の除去が阻害されるので便秘などのお通じの悩みや、その影響で、お肌のくすみやターンオーバーの周期がずれるなどの美容への影響も発生してしまいます。

影響3. 肩こり・腰痛

肩こりや腰痛の原因の1つは筋肉の張りです。歪んだ体のバランスをとるために、筋肉に不必要に負担がかかってしまい、筋肉の疲労が凝り固まります。

さらに、体の歪みからくる血流の悪化により筋肉に十分な酸素が供給されず、筋肉疲労が溜まり筋肉を緩めることができません。毎日の生活で、その筋肉のこわばりが続けば深刻な肩こり・腰痛となり、強い痛みが発生し、頭痛や吐き気といった副次的な影響を及ぼすことも。たかが肩こり、たかが腰痛とは決していえませんね!

影響4. 下半身のむくみ

女性の多くが抱えている悩みの1つが脚のむくみです。むくみには病気が関係することもあるので、一概に歪みのせいということはできませんが、体の歪みも一因といわれています。

血流・リンパ液の流れ悪化しているため、老廃物の除去がうまくできず、下半身に溜まった水分がむくみとして歪みや痛みを引き起こします。下半身がむくんでいると、靴がきつくなったり、パンツスタイルでも痛みを感じることも。歪みを正してスッキリとしたボディラインで辛いむくみに対処したいものですね♡

影響5. 自律神経失調

自律神経とは、交感神経と副交感神経のバランスのこと。興奮状態にあれば交感神経が活発に働き、リラックスしている時には副交感神経の働きが活発になっています。このバランスが崩れていることを自律神経失調と言います。

自律神経はホルモンのバランスによって制御されており、自律神経失調とはホルモンバランスが乱れていることと関係があります。疲れ切って、ホルモンのバランスが崩れている時は体のバランスも崩れ歪んでいることからも、体の歪みと自律神経の乱れが関係していることがわかります。自律神経失調はメンタルにも影響あり。体の歪みは感情面にまで影響を及ぼすんです。

体の歪みを引き起こす4つの習慣

1. 足を組んで座る

足を組んで座る癖がありますか?足を組みたくなるということ自体、既に骨盤が歪んでいる証拠です。その状態でさらに足を組んでいると歪みはさらに悪化してしまいます!

できるだけ足は組まないように、床に足をつけて座りましょう。もし、どうしても足を組みたくなった時には、組んでいる足をいつもと逆にするなど交互に足を組むことで体の歪みを最小限に抑えることができますよ♪

2. 片足に重心を置いて立つ

ついつい楽だからと利き脚に体重をかけて片足で立っていませんか?片方の足に重心をかけているこの姿勢も体の歪みを進めてしまう悪癖です!

きちんと両足に重心を置き、体のバランスを保つことにより歪みを防ぎましょう。片足に重心をかけたくなるのは筋肉不足も理由の一つ。バランス良く筋肉をつけて歪みのない美姿勢を保ちましょう。

3. ハイヒールを履いている

いつもハイヒールを履いている方は気づいている通り、ハイヒールを履いている姿勢というのやはり不自然。でもハイヒールを履いた足ってセクシーで女性らしさがあふれるので女性の魅力の1部ですよね。

骨盤を傾けてしまうハイヒールは身体のためには避けたいですが、見た目を機にすると止めるのも難しいもの。少しヒール高を抑えた靴に変えたり、ヒールの太さが太いものを選ぶことで、歪みを抑えるように工夫しましょう。

4. 荷物を持つ手はいつも同じ

荷物を持つ手にも癖があります。片側に荷物を持つことで重心がずれ、重心を保つために反対側に体を歪めることも!

いつも同じ側で荷物を持つのではなく、持ち帰るよう習慣付けましょう。さらにショッピングバックも片側だけでなく両手で持ったり、持ちかえることによって、歪み幅を抑えましょう。

健康のためにも悪癖改善!

身体の歪みは健康の曲がり角。歪みをもたらす悪習慣を改善して健康増進効果を狙いましょう♪

この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • songjing

    毎日をもっと楽しく健康に♡

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事

おすすめ

編集部のおすすめ

特集

乾燥対策やプチプラなど人気のハンドクリームおすすめ記事をまとめました!

カバー力のあるファンデーションなど人気の記事を要チェック!