更新:2017.6.22 作成:2017.6.22

一汁三菜が間違いない!ヘルシー和食で食生活を見直し♪

食の欧米化が叫ばれて久しいですが、和食の良さというのも再認識されています。特に2013年にユネスコ無形文化遺産として和食が登録されて以降、ヘルシーで健康的な和食は世界でも人気が高まっています。和食の基本は一汁三菜。食生活の見直しの際には基本に戻って食の健康を取り戻しましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
❤︎ お気に入り
目次
  1. 2013年和食がユネスコ無形文化遺産に♪
  2. 一汁三菜ってなに?
  3. メニューの組み立て方
  4. 作り置きで楽々メニュー
  5. 和食の良さも活かそう
  6. 一汁三菜は長寿の秘訣!?

2013年和食がユネスコ無形文化遺産に♪

ユネスコ無形文化遺産に登録したときの正式名は「和食:日本人の伝統的な食文化」。自然を尊び、四季を感じる日本では、古来から食生活にも四季が現れています。

食事から季節を感じるというだけではなく、栄養バランスがよく健康的といわれる和食。その秘訣の1つは「一汁三菜」の栄養バランスの良さです。
quote
和食の4つの特徴(1)多様で新鮮な食材とその持ち味の尊重(中略)(2)健康的な食生活を支える栄養バランス一汁三菜を基本とする(中略)(3)自然の美しさや季節の移ろいの表現(中略)(4)正月などの年中行事との密接な関わり

一汁三菜ってなに?

一汁三菜とは、ご飯に汁物、そして主菜1品と副菜2品を基本とする昔からの日本の食事メニューです。

汁物は味噌汁やお吸い物、主菜は魚や肉、豆腐などのタンパク質を基本とし、副菜は野菜や芋、キノコなどのミネラルや食物繊維を含む素材を使うことで、バランスの良い食事に仕上げることができます。
quote
ご飯でエネルギー源となる炭水化物を、汁もので水分を、おかずでその他の栄養をバランスよくとることができます。

メニューの組み立て方

一汁三菜のメニューを作る時には、三菜の栄養バランスまで考えるとGood!

例えば、タンパク質を多く含む食材を主菜にして、さらに副菜にもタンパク質を多く含む食品を使っていれば一汁三菜といえど、バランスが悪くなってしまいます。その他にも、炒め物を2品ではバランス悪いですよね。必ず異なる食材と調理法でバランスを保てるようにしたいですね。
quote
刺身に焼き鳥で2品というように、たんぱく質のものばかりにかたよってはいませんか。不足しがちなミネラルや食物繊維をきちんととるためにも、必ず野菜などを中心とした副菜を食卓にのせましょう。
quote
和食に汁物は欠かせません。「菜」の種類が少ない時は、汁物を具だくさんにして、栄養バランスを整えます。逆に「菜」の数が多い時は、シンプルな汁物にします。定番のごはんと漬物を基本に、菜と汁物で栄養バランスを考える

作り置きで楽々メニュー

毎日3品も作るのは大変という方ももちろん多いはず。仕事に家事に忙しい大忙しの現代女性には当然ですよね。

毎日3品を作るのではなく、常備菜の作り置きがおすすめです。日持ちするお惣菜を作れば、立派な1品に変身できます。他にも缶詰や冷凍食品、漬物も立派な1品。全部作るのでなければ、無理なく続けられそうですよね。

常備菜も食卓にのせる時には小皿に少しづつ盛りましょう。一口サイズの小皿に少量づつ盛ることで、目にも美味しい副菜が出来上がります。

quote
三菜をつくる時間がない! というときは、野菜をたくさん入れた味噌汁にして一汁と副菜を兼ねたり、買ってきてお皿にのせるだけでOKな冷や奴や納豆を副菜にしたりしてもいいでしょう。

和食の良さも活かそう

和食は旨み成分を使うことで、塩分を控えられるのが嬉しいところ。塩分の取りすぎは高血圧を引き起こしますから、旨み成分を組み合わせて健康的な食事にしましょう。

和食のもう一つの特徴は四季を活かした旬の食材を活かすことです。ハウス栽培のため、季節を問わず入手できるようになりましたが、やっぱり旬の食材の栄養素の高さは格別です。さらに四季を感じる食材は心を癒す効果も♡身も心も健康になれる四季の食材を使って一汁三菜の食事を楽しみましょう♪

一汁三菜は長寿の秘訣!?

日本の健康寿命は世界一!その秘訣はヘルシーな和食にあるともいわれています。健康の基本は食ですから、伝統的な食の基本を守って、いつまでも元気に過ごしたいですね。

この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • songjing

    毎日をもっと楽しく健康に♡

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事

おすすめ

編集部のおすすめ

特集

乾燥対策やプチプラなど人気のハンドクリームおすすめ記事をまとめました!

カバー力のあるファンデーションなど人気の記事を要チェック!