更新:2017.7.26 作成:2017.7.26

つまんで簡単♪毎日1分から始める耳ヨガのやり方と効果!

耳つぼマッサージなんていうものがあるように、耳には内臓に影響する反射区が数多くあります。そのため血液、リンパ液が多く流れる耳は刺激することで多くの効果を得ることができますよ。耳ヨガのやり方や効果を一挙にご説明いたします♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
❤︎ お気に入り
目次
  1. 耳の聞こえには耳ヨガ♪
  2. 耳ヨガってなに?
  3. 耳の血流・リンパの流れを改善
  4. 耳ヨガのやり方!
  5. 耳ヨガのポイントは痛気持ち良い♡
  6. 1日1分で耳ヨガStart!

耳の聞こえには耳ヨガ♪

耳には血液やリンパ液が循環しており、内臓へ影響する反射区が多数あります。耳はその影響でストレスが表に出やすい場所。突発性難聴や耳鳴りなど聞こえの悪さも影響することが多いそうです。

耳の血液やリンパ液の流れが改善されれば、症状も改善することができるようです。耳の血流改善には耳ヨガがオススメです!

耳ヨガってなに?

耳ヨガは、耳を上下左右にバランス良く動かして体の機能を整えることです。さらに意識的な呼吸を行うことで心にも好影響を与えることができますよ。

耳に特化したヨガ、耳ヨガは「緊張と緩和」を繰り返します。刺激による改善だけでなく、変化を意識することで、認知機能を高め、ストレスを緩和や自律神経を整える効果が生まれます。

耳の血流・リンパの流れを改善

耳ヨガによって刺激することで、普段動かすことが少ない耳の血管、リンパを刺激することができ、滞りがちな血流を改善することができます。

耳の血流やリンパ液の循環が悪化していると、めまいが起きたり、一時的な難聴状態が発生します。血流改善効果のある耳ヨガならこれらの症状の予防・改善が期待できます♪

耳ヨガのやり方!

1st. 斜め後ろにストレッチ

まずは一番上の赤い点部分をつまみ、息を吐きながら斜め後ろに引っ張りましょう。5呼吸でゆっくりと引っ張り、息を吸いながら5呼吸でゆっくりと元に戻しましょう。

次に耳の中の点部分を同様に斜め後ろに引っ張り、最後は耳たぶ下側で同様に引っ張り、ゆっくりと元に戻しましょう。日頃運動不足だと耳まで腕を上げて引っ張るのが意外と辛いもの。疲れた腕は休憩しながら行いましょう。

2nd. 耳のパタパタ運動

耳たぶの上側と下側を合わせるようにすぼめるようにしましょう。息を吐いてすぼめ、息を吸いながらゆっくりと元に戻しましょう。

上下の運動が終わったら次は耳を顔側に倒すように動かしましょう。これも息を吐きながらすぼめ、息を吸いながらゆっくりと元に戻しましょう。

3ed. 首のマッサージでリンパ流し

耳のマッサージで血流やリンパの流れを整えたら首のリンパ節もマッサージしましょう。

耳から排出された老廃物も顔周りで止まっていては排出が完了しません。首のリンパマッサージで体外への排出が行えるように排出を促しましょう。

耳ヨガのポイントは痛気持ち良い♡

痛いだけはNG!

耳ヨガは普段動かさない耳を触るため、加減がわからなくなりがちです。ついつい力を入れがちですが、痛いというほど耳を刺激してしまうのでは逆効果です。

耳ヨガの強さは痛気持ち良い程度がベスト!回数や時間に拘らず、自分にとって一番気持ちの良い回数で行うようにしましょう。マッサージするように丁寧に行ってください♪

1日1分で耳ヨガStart!

耳ヨガは座っていても立っていてもできるヨガ。隙間時間で健康に綺麗になれるなんて最高ですよね。ぜひ、1日1分の耳ヨガ&耳ヨガで心身を整える効果をGetしましょう♡
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • songjing

    毎日をもっと楽しく健康に♡

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事

おすすめ

編集部のおすすめ

特集

乾燥対策やプチプラなど人気のハンドクリームおすすめ記事をまとめました!

カバー力のあるファンデーションなど人気の記事を要チェック!