更新:2017.9.22 作成:2017.9.22

食べたいをセーブ♪食前キャベツダイエットの効果

ダイエットの1stステップといえば食事制限。間食を控えたり、油分を抑えたり、量を減らしたりと工夫を凝らしながら、辛い空腹感と戦いますよね。そんな空腹感に耐えられない方にオススメなのが、今回紹介する食前キャベツダイエットです。しかもダイエット効果以外にも体に嬉しい効果があるんです♡
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
❤︎ お気に入り
目次
  1. ダイエットに辛い食事制限はもういらない!
  2. お医者さんが考案した食前キャベツダイエット
  3. キャベツでダイエットが出来る理由
  4. ダイエット以外の効果も超優秀♡
  5. 今日からはじめるキャベツダイエット♪

ダイエットに辛い食事制限はもういらない!

ダイエットのためには、1日の摂取カロリーを男性1500kcal女性1200kcalに抑えるべきと言われています。しかし、カロリーを抑えることばかりを考えていると、食事から得られる栄養素も不足しますし、空腹を耐える辛い食事制限になってしまいます。

ダイエットのためと思っていも、空腹に耐え切れず、食べたいものに手が伸びてしまうという方も多いようです。でも、食欲は人間の基本的な欲求ですから無理もありません。

そんな方にオススメなのが、食前キャベツダイエットです。食前キャベツダイエットなら、食欲を満たしながらもダイエットが出来るんです。
では、どんなダイエット方法なのか見ていきましょう!

お医者さんが考案した食前キャベツダイエット

京都で20年以上前から肥満外来をに携わっている吉田俊秀先生が考案したのがこの食前キャベツダイエットです。

肥満外来を訪れる患者さん達が、単なるカロリー制限は長続きしないことを吉田先生は観察しました。カロリー制限をしていても、常に空腹感があるようだと続けられないですよね。
quote
ただカロリーを制限しても毎日の食事が物足らなくなってしまい、(中略)食事をとらないのでは栄養のバランスも悪いし、かといってバランスがよくても物足らないとストレスを感じてしまい、長つづきしない。
吉田先生が試行錯誤を続けた結果、ダイエットを続けられる栄養バランスとカロリー摂取量、満腹感をバランスよく満たす最適なダイエット方法が見つかりました。「食前キャベツダイエット」がそのダイエット完成形なんです!!

キャベツでダイエットが出来る理由

キャベツ100g=22kcal

キャベツ100gのカロリーは22キロカロリーです。キャベツ1玉が1kg〜1.3kgなので、1回分のカロリーは約44キロカロリーです。

もっとカロリーが低い野菜もたくさんありますが、キャベツが選ばれている理由はその噛み応えです。普段は早食いという方でも、食物繊維が豊富なキャベツを飲み込むには十分な咀嚼が必要ですよね。そのため、しっかり噛んでゆっくり食べることができるんです。しかもキャベツは低価格で入手が容易。続けられる要素が沢山ある優良ダイエット食品なんです。

キャベツダイエットの2つのルール

食前キャベツダイエットに難しいことはありません。ルールはたった2つだけです。

1.食前に10分、よく噛む

キャベツ1/6個が1食分の目安量。これを生のまま5cm幅のざく切りにして頂きます。1食分のキャベツを食べるのに10分ほどの時間をかけてよく噛んで食べましょう。

よく噛み、時間かけることにより満腹中枢が刺激され、少量でも満腹感を味わえます。生のキャベツをそのまま食べるのが難しい方は、お味噌又はノンオイルドレッシング少量を使用しましょう。ドレッシングは意外と高カロリー。せっかくのダイエット効果を無駄にしないようにしましょうね。
quote
ポイントは「時間をかけてよく噛む」ことです。そうすれば脳の満腹中枢が1時間は刺激されます。ですから、食事量が少なくても「腹いっぱいになった」と感じられ、しかも食べすぎまで防ぐことができるというわけです。
でも、キャベツを食べていることに安心して満腹以上に食べたり、少量の高カロリー食を食べているようだと効果は半減。ダイエットの決意にふさわしい食生活で食前キャベツ+腹8分目を心がけていきましょう。

2. 70g/日のたんぱく質を摂取

1日に70gのたんぱく質を摂取するようにしましょう。たんぱく質の種類は指定されていないので、カロリーを抑えたい方は納豆や豆腐などの大豆食品、お肉が食べたい方は赤身のお肉などお好みで選びましょう。

筋肉量は基礎代謝に影響し、筋肉量が減少すると痩せにくい身体になってしまいます。たんぱく質は筋肉の維持や増強に不可欠な栄養素なので、毎日摂取する必要があります。ダイエットでカロリーを減らしている時にも、筋肉量が減らないように毎日70gのたんぱく質摂取を忘れずに!

ダイエット以外の効果も超優秀♡

①血糖値の急上昇防止

食物繊維たっぷりなキャベツをはじめに食べることで血糖値の上昇をゆるやかにしてくれます。

quote
食前にキャベツを食べると食物繊維が小腸の粘膜に吸着します。すると、そのあとに小腸に到達する糖質の吸収が緩やかになるのです。
血糖値が急上昇すると脂肪を蓄えるホルモンが多く分泌されてしまいます。血糖値の上昇をゆるやかにすると、脂肪を蓄えにくい体を作ることができ、糖尿病の予防にも役立ちます。

②高血圧予防

キャベツにはカリウムが多く含まれています。カリウムは高血圧の主な原因であるナトリウムを体外に排出する働きがあるので、体内に備蓄されている余分なナトリウムを排出して高血圧を予防できます。

quote
今の食生活では、1日に必要な塩分量6gを大幅に超えた塩分を摂取しているのが現状です。余分に摂取した塩分を体内に蓄積することで血圧が上がる要因になるから、カリウムで過剰な塩分(ナトリウム)を排出することが大切になります。
厚生労働省の患者調査によると、平成26年には高血圧と診断されている患者数がついに一千万人を超えたとか。高血圧予備軍と言われる人たちはさらにその数倍といわれています。高血圧は脳梗塞や心筋梗塞など他の病気の誘因ともなりますので、ぜひ若いうちから予防していきたいですよね。

③便秘&むくみ解消

食物繊維豊富なキャベツは腸内のお掃除にも効果◎。体に溜まった老廃物も除去してくれるので便秘・むくみの解消が期待できます。

quote
100gあたりのキャベツに1.8gもの食物繊維が含まれており、体内でコレステロールや老廃物を吸収してくれるのです。さらに、便が水分を含んで便の量が多くなることで便秘が解消します。

④美肌効果

キャベツには豊富なビタミン群、ミネラルが含まれています。生のまま食べることで大事な栄養素を余すことなく取り入れることができるので、ビタミン効果でお肌を美しく保てます。

quote
日焼けが気になるこの時期。積極的に取りたいのはやっぱりビタミンC。(中略)キャベツの外側の緑の葉1枚で1日分のビタミンCを摂取することが出来る

今日からはじめるキャベツダイエット♪

毎食前にキャベツを食べるのは難しいという人は夕食前だけにしてもOK。食事がストレスにならないよう力を抜きましょう。

食事前にキャベツを食べるだけなので、空腹が辛い人でも続けられますよね。
さあ、今日からダイエット、はじめてみましょう♪
この記事が役立ったら
「いいね!」しませんか♡

スポンサードリンク

Twitterですぐに情報を受け取る
RELATED

関連記事

KEYWORD

この記事に関連するキーワード

  • songjing

    毎日をもっと楽しく健康に♡

月間人気ランキング

今月もっとも見られている記事

おすすめ

編集部のおすすめ

特集

乾燥対策やプチプラなど人気のハンドクリームおすすめ記事をまとめました!

カバー力のあるファンデーションなど人気の記事を要チェック!